鍼灸・美容鍼灸なら愛知県名古屋市千種区池下の鍼灸院|帰来堂鍼灸療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 個人主宰の冷えとり健康法のはりきゅう治療院です。

投稿コラム

一覧に戻る

花粉症に効果のある鍼灸治療

投稿日:2018/04/12

春になりました。
名古屋では今年は雨が少なく、例年よりも長く桜が楽しめました。

 

春は花粉症のある方には辛い季節です。
帰来堂鍼灸療院の患者さんでも目のかゆみや鼻の症状を訴えられる方が多いです。

 

花粉症で私がいつも思い出すのは、冷えとり健康法の創始者である進藤義晴先生が披露して下さったエピソードです。

 

進藤先生が医学生だった頃は授業で「アメリカには花粉症という疾患があるが、わが国にはない」と教わったというのです。

 

戦後、日本人の生活が西洋化するにしたがって、花粉症のようなアレルギー疾患が増えてきたというお話であったと記憶しています。

 

昔と比べて花粉の飛散量が増えていることや、大気汚染などの外的な要因も大きく作用していることでしょう。

 

 

東洋医学では、目のかゆみやくしゃみなどの花粉が引き起こす諸症状について、身体に本来備わっている力がうまく働いていないと考えています。

 

花粉のような外から侵入してくるものがあっても、身体がしっかりしていれば、身を守る力が発揮されて症状はでない、ということで、鍼灸治療では身体の力を補うことで症状を緩和することを目指します。

 

目や鼻のツボに鍼をすることで、花粉症には即効性があることが多いです。
鍼をすることで局所の循環が改善するからでしょう。
こうした治療を継続することで、花粉症の季節をしのいで頂いている方もあります。

 

身体に備わっているはずの力がどうして発揮されないのでしょうか?
東洋医学では、肝・心・脾・肺・腎の五臓のバランスが崩れることで病気になると考えます。

 

花粉症に関しても、5つの臓器とその系統が様々に障害されて発症の原因となります。
氣・血・水なども関わって、一口に花粉症といってもその方の体質や生活に応じてアプローチが異なります。
こうした東洋医学的な診立てで、心身を全体にとらえて治療をすることが鍼灸治療の特長でしょう。

 

細かい考察は措いて、花粉症の原因をざっくりと言えば「冷え」によってもたらされると思います。

 

その冷えは、季節の変わり目によるものや食生活の乱れなど生活の中で生じてきたものもありますが、ストレスによるものも少なくないと感じています。

 

花粉症でお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療の癒しを経験してください。

 

 

 

帰来堂鍼灸療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典