鍼灸・美容鍼灸なら千葉県松戸市松戸新田の鍼灸院|岩島治療院

  • 注目
  • 遠方から訪れる患者さんも多い人情型の治療院です☆

投稿コラム

一覧に戻る

胃腸の不具合と胃の気の治療 ②

投稿日:2018/11/26

こんにちは。岩島治療院です。

 

前回は胃腸の重要性についてお話ししましたが、今回は「胃の気」についてです。

 

鍼灸治療では、胃の不具合では「足三里」のツボが使われています。

実際に足にある経穴「足三里に刺鍼をすることで、胃腸の働きが活発になる」

いわゆる「体性-内臓反射」として科学的にもすでに立証されています。

 

胃の経絡は顔から足の指先まであり、主に長野式では胃の経絡でも足の脛を診ます。

胃の経絡上の脛が固まって詰まっている状態を「胃の気が不足している」と診て

この胃の経絡を刺激して胃の気を補い胃腸の働きを促進させるんです。

 

ところで、胃の「気」って何?

と思われるかもしれませんが、東洋医学では「気」は血管内で血液と共に流れていて

血液が流れているのは、「気」が流動的に動かしていると言われています。

「気」は全身を巡り、内臓の働きや、免疫防御など多くの仕事をしているんです。

 

あくまでも、食欲不振や消化不良のなど胃腸が疲れている時は胃の気を補いますが、

逆流性食道炎や、胃酸過多など過剰反応している時は抑える処置が必要になります。

 

もしかして、治りずらい体は「胃の気」が不足しているからかもしれませんよ?

 

岩島治療院では、ご自分で出来そうな方には

胃の気などお灸でお家で毎日行えるよう指導しております。

大事な胃腸を軽視せずに養生していきましょう。

岩島治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報