鍼灸・美容鍼灸なら大阪府堺市堺区向陵中町の鍼灸院|【美容鍼・小顔・頭痛ならおまかせ】三国ヶ丘鍼灸整骨院

投稿コラム

一覧に戻る

気になる日焼け、なぜ起こる?②

投稿日:2018/06/28

皆さんこんにちは!

三国ヶ丘鍼灸整骨院に新しく仲間入りしました、

タカムラです(*'ω'*)

 

こーの先生に引き続き、

日焼けによっておこるダメージ、

特に紫外線についてお話しますね!

 

●紫外線によって肌が負うダメージとは

「メラニン色素が肌を紫外線を吸収してくれるなら、

日焼けをしても大丈夫なのでは?」

 

と思われる方もいるでしょう。

しかし、メラノサイトが放出できる

メラニン色素の量には限界があります。

 

また、メラニン色素も、

すべての紫外線を吸収できるわけではないので、

何らかの紫外線対策に努めなければ、

肌が紫外線によってダメージを

受けてしまうことになります。

 

まず、紫外線にはコラーゲンやエラスチンを

破壊する働きがあります。

 

コラーゲンやエラスチンが破壊されれば、

肌の弾力は低下し、

重力に逆らえないたるんだ肌となり、

たるみやしわが引き起されてしまいます。

 

また、紫外線を浴びると、

メラノサイトからメラニン色素が

多数放出されるようになることで、

肌が黒くなります(一一")

 

新陳代謝の活発な健康な肌の場合、

肌の中に放出されたメラニン色素は

垢や角質となって体外へ、

排出されていきます。

 

しかし、紫外線によって、

ダメージを受けた肌の場合、

新陳代謝が正常に行われなくなるために

メラニン色素が皮膚中に残り、

シミの原因となってしまいます。

 

さらに、紫外線には、

肌の水分を奪う働きもあります。

紫外線によって肌から

水分が奪われると肌は脱水状態となり、

弾力やハリ、潤いが失われてしまいます。

 

そんな状態の肌がさらに

紫外線のダメージを受ければ、

すべての水分が奪われてしまうことから

肌は火傷状態となり、

炎症の原因になるともいわれています。

 

このように、日焼けをすると、

紫外線が身体の中へ侵入するのを

防ごうとして、

肌が様々なダメージを負ってしまいます。

 

いつまでも健やかで、

美しい肌を維持するためにも、

日焼けをした際には正しいケアを行い、

肌の回復をサポートしてあげましょう!

 

そのためにも今からの美容鍼は

とても効果的です!

ターンオーバーを整えメラニン色素が

沈着するのを防ぎます。

 

また、肌のハリツヤ弾力も

表皮の奥、真皮に直接働きかけることで、

より増すことも可能です。

 

日焼け止めもそうですが、

今から対策を十分にしておきましょうね!

【美容鍼・小顔・頭痛ならおまかせ】三国ヶ丘鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典