鍼灸・美容鍼灸なら千葉県千葉市若葉区都賀の鍼灸院|ほっと鍼灸接骨院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 交通事故治療にも対応しています。 転院、併院OK

投稿コラム

一覧に戻る

捻挫後のサポーターってしなきゃダメ?

投稿日:2018/08/07

こんにちは。

ほっと鍼灸接骨院の鈴木です。

 

みなさんは捻挫ってしたことありますか?

学生時代に運動部だった多くの方は体のどこかしらを捻挫したことがあると思います。

 

捻挫の中でも特に受傷率が高く重症化しやすい部分が足首です。

足首の捻挫は捻った際に体の体重がかかってしまう分、靭帯や筋肉が強く引き伸ばされ痛めてしまいます。

痛めた筋肉は回復しリハビリを行えばもとの状態に戻ります。

しかし、一度伸びてしまった靭帯は性質上もとの状態には戻りません。

 

靭帯は関節が曲がりすぎたりズレてしまわないように固定する役割があります。

これが緩んでしまうと関節を固定する力が弱まり足首がぐらぐら(関節動揺)してしまい、捻挫癖になってしまうのです。

できるだけ捻挫癖を改善させるには周りの筋肉で靭帯の代わりをさせるしかありません。

しっかりリハビリを行い、筋肉が靭帯のように関節を固定してくれるよう鍛えましょう。

 

ここからは本題のサポーターについてです。

サポーターは装着した方が良いのか?しなくても良いのか?

結論から言うと、関節の動揺がある場合は装着した方が賢明です。

捻挫からすぐにスポーツへの復帰をする方はあまりいないと思いますが、

痛みがないからといって捻挫癖を残したまま復帰すれば、当たり前のように再び捻挫してしまいます。

 

サポーターはそのような靭帯や筋肉の代わりをある程度努めてくれるので、完治するまでは装着をおすすめします。

さらに、地面に足が着地した瞬間に「筋肉に力をいれろ」っと脳に伝えるセンサーが足首の周りには多くあります。

捻挫によってそれらのセンサーも損傷してしまいますので、筋肉が回復してもそのセンサーが治らないと、着地の時に足首がぐらぐらしてしまいます。

 

サポーターを付ける事によってそのセンサーに刺激が入り、センサーの回復促進にもつながります。

ですので捻挫をした際は医療機関から完治(治癒)と言ってもらえるまでは、早期回復させるという意味でもサポータを装着することが重要です。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ほっと鍼灸接骨院ホームページ

https://www.hottoharikyu.com/

 

ほっと鍼灸接骨院ブログ【健康ほっとNEWS】

https://hotto-harikyu.com/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ほっと鍼灸接骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典