鍼灸・美容鍼灸なら兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町の鍼灸院|パパス東洋医療鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 早く来れば良かった!との声を多くいただきます。

投稿コラム

一覧に戻る

排卵検査薬の正しい使い方、考え方

投稿日:2019/06/07

皆さん排卵検査薬の使い方間違ってる方が多い!! ・反応の線がしっかり出ない。
・うすい線だけでおわっちゃう。

そんな方多くないですか?

排卵検査薬はLHという排卵をしなさいよというホルモンに反応します。

身体は卵子が適切に育ち、その大きさになった時に
『今だ!! 排卵しろ!!』っと瞬間的にたくさん出ます。

ダラダラと出ない、なだらかに増えない。

この瞬間的にでる時間がわずか8時間といわれています。

なのでこの8時間に検査ができないと濃い線はでません。

皆さんは1日に何回、検査してますか?

8時間しか反応しないということは 1回じゃダメですよね。
はい、理想は8時間おきに3回です。

もったいないからしない。じゃぁ自分の体が解らない。

アプリに頼らず D10を越えたあたりから検査するべきです。

そして 基礎体温、検査薬、エコー、おりものなど総合的に記録して統計をとり自分の排卵を知る。

ただただ、毎月生理が来ました。。。。はぁ。。。。
の繰り返しをしない!! 今周期ダメだったら次週期以降の排卵を予想するためにもデータを取る。同じことをしてたら進歩ないじゃん。

後、朝一番の尿はやめてね。
不純物が多いから。

ちなみに クロミッド・セキソビット・フェマーラなんかの排卵誘発剤はLHだからね。

今日は排卵検査薬の説明の動画を撮ろう。

11日(火)20時半から『6か月で妊娠しやすい身体作り いい卵のために』というネットセミナーをします。全国どこからでも参加していただけます。是非、ご参加を!! 

 

パパス東洋医療鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報