鍼灸・美容鍼灸なら新潟県新潟市中央区女池2丁目の鍼灸院|妊活はり灸治療院 mamari(ママリ)

  • クーポン発行店舗
  • 喜びの声多数!【不妊症・生理痛・冷え症】専門院

投稿コラム

一覧に戻る

なぜ鍼灸で妊娠力が上がるの?

投稿日:2017/02/11

なぜ鍼灸治療で妊娠の可能性を上げることができるのか?
 
今、このコラムをご覧になっているあなたは鍼灸に対して、
なんとなく「魔法」だとか「神頼み」のようなイメージをお持ちかもしれません。
 
 でも鍼灸治療で妊娠の可能性を上げられることには、きちんとした理由があります。
 
 それは鍼灸が得意とすることが「血流改善」であり、
妊娠するために重要なことも「血流改善」であるからです。
  
人間の身体は内分泌系というホルモン分泌を使ったシステムによって、様々な調節が行われています。
 
生殖器系でも、例えば
脳から分泌されるFSHというホルモンが「卵が大きく育つ」ように指令を出していたり、
卵巣から分泌されるエストロゲン(E2)というホルモンは「子宮内膜を増殖させる(子宮内のベッドをフカフカにする)」ように指令を出したりしています。
 
実はこれらの妊娠にとって重要なホルモンや栄養は「血流に乗って」子宮や卵巣に届けられています
 
この血流がドンヨリと停滞してくると、どんな結果になるかは想像がつきますよね。
「良い卵が育たない・・・」
「生理周期が安定しない・・・」
「なかなか着床しない・・・」
 
 
では、そもそも鍼灸治療で血流が上がるのはなぜでしょうか?
 
鍼灸治療を行った場所には小さな傷が作られます。
そこにその傷を治そうと、たくさんの血液(栄養)が集まってきます。
毛細血管が開き、身体の隅々まで血液が行き渡るようになり、
結果として妊娠にとって大切なホルモンも栄養もしっかり必要な場所に届けることができます。
 
血流が良くなることで、健康な卵が育ち、
子宮のベッドはフカフカの柔らかい状態となり、
妊娠しやすい身体が作られるのです。
 
 
※ 当院では鍼灸治療と合わせて、高周波温熱治療器(ラジオ波)も併用して治療を行っていきます。
「子宮や卵巣を芯から温める」ことで、毛細血管を開かせ、さらに治療効果を高めることが期待できます。

※ ラジオ波は元々は美容やダイエットの分野で活躍してきた治療器で、単に皮膚の表面を温めるだけの従来の温熱治療器とは違い、体内の水分を振動させることでからだ自身が熱を発生させて温まるので、短時間で深部まで熱を行き渡らせることができるのが特長です。
骨盤の中からからだが温まっていく感覚をぜひご体験ください。
 
※ 「でも、鍼って痛そう・・・」「感染症の心配はないの?」
 そんな不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。
 当院では、「髪の毛より細い」「滅菌処理された使い捨て」の鍼を使用しています。
刺す瞬間に軽くチクっとした感覚があったり、鍼特有のズーンと重たい感覚を感じたりすることはあるかもしれませんが、
「思ったより痛くないんですね!」
「えっ?今、鍼入っているんですか?」
という感想がほとんどです。
注射とは違う、優しい治療となりますのでご安心ください。
 
当院では鍼灸治療に対する不安をできるだけ取り除きたいという想いから、不妊鍼灸コースの無料体験(女性限定)を行っています。
一度体験をしていただき、不安を解消した上で、当院の治療をお受けください。

妊活はり灸治療院 mamari(ママリ)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典