鍼灸・美容鍼灸なら和歌山県岩出市清水の鍼灸院|川本接骨院 附属鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 和歌山県唯一の女性・小児専門のレディース鍼灸院です

投稿コラム

一覧に戻る

鍼灸・漢方併用治療のご案内

投稿日:2018/01/12

 

鍼灸と漢方は昔から車の両輪にたとえられ、症状や病状によって鍼灸と漢方を併用する事により早期の症状改善や回復が期待できます。当院で使用している漢方エキス製剤は、煎じた液を乾燥して製剤化したものです。エキス製剤は品質が一定しており治療効果と安全性の優れたものを選択しています。粉薬が主流で、外出先にも携帯でき、服用も容易です。当院は自由診療により対応していますので、保険診療の範囲では処方が不可であった漢方薬も保険外対応によりご提供できるため、現代医学では未だ対応が不十分な疾患や病態に対して高濃度・高純度漢方薬によるアプローチが可能となり、より患者様にあったオーダーメイド治療が可能になります。

漢方は婦人科疾患の強い味方です。一番の特長は、西洋医学的には異なる病名がついていても、体の中で起こっている問題が同じであれば、共通の漢方薬で対処できるという点です。20-30代の婦人科のトラブルは、漢方からみると、体のエネルギーである「気」や、体に栄養とうるおいを与え、ホルモンや生理とも深い関係にある「血・けつ」に問題があるケースが多く、漢方は、この「気血」に働きかけるのが得意な治療法です。西洋医学における薬で、身体を温める薬はありません。冷え性の方に身体を温める漢方を処方すると、立てなかった人が立てるようになることもあります。こむら返りへの即効性が高い漢方薬もあります。日ごろの生活習慣や食の工夫で”冷えない身体づくり“を心がけ、根本的な体質改善で体調を管理しましょう。

漢方処方は体質や体調の変化に合わせて、1~2週間おきに処方を見直していきます。漢方服用後、1~2週間経過すると、少なくとも何らかの改善や変化の徴候が現れます。変化が感じられなければ、処方が合わないか、処方量が不足している可能性がありますので、処方の再検討を行います。2週間での変化は一時的なものですので、約2~3ヶ月を目安に継続していただくと、根本的な改善につながります当院では内外用薬を合わせ約100種類の薬剤を採用し、医薬品管理はPCによる在庫管理により医薬品の品質管理を行っています。予防や体質改善は月3,000円程度から、治療は月9,000円程度からが薬価目安となります。患者様の症状やライフスタイルに合わせて顆粒、錠剤、内服ゼリー剤等を処方致します。

漢方も鍼灸もさまざまな疾患に共通して有効ですが、腰痛・肩こりなど痛みや凝りを中心とする疾患は鍼灸を、内臓に異常のある場合は漢方を初めにご予約されてはいかがでしょうか。また、漢方と鍼灸に同時におかかリになる患者様も少なくありませんのでご相談下さい。※漢方薬等の医薬品、プラセンタ療法は併設する漢方薬局にて対応させて頂きます。サプリメント、健康茶、自然派化粧品など、美容・健康維持を目的に対面相談専用の厳選された商品も多数取り揃えておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

【 PC・HP 】

川本接骨院 附属鍼灸院
http://kawamoto-sekkotsuin.on.omisenomikata.jp/

 川本接骨院 附属漢方薬院
http://kawamoto-kanpou.on.omisenomikata.jp/

 

【 Facebook 】

川本接骨院 附属鍼灸院 Facebook
https://www.facebook.com/harikyuall1

川本接骨院 附属漢方薬院 Facebook

https://www.facebook.com/kawamotokanpou/

 

【 ブログ 】

サッカーママの「鍼灸&漢方」 女性外来ブログ
http://ameblo.jp/kawamoto-hariq

川本接骨院 附属鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典