鍼灸・美容鍼灸なら広島県広島市東区尾長西の鍼灸院|しょう整骨院 SHO osteopathic and sports conditioning

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 整骨と鍼灸でそれぞれに特化した施術を行います

投稿コラム

一覧に戻る

女性に多いばね指について

投稿日:2019/02/28

整骨院では、女性のばね指のご相談が多くあります。

ばね指は、手の使い過ぎ、手を良く使う仕事の方に多く

妊娠~出産後、更年期の女性にも多い疾患です。(女性ホルモンが関わっているといわれます。)

 

手の使い過ぎから、指の腱と腱鞘に炎症が起き、腱鞘炎となり、

痛みや腫れを生じます。進行するとばね現象が起きるようになり

痛みで動かせないほど進行する場合もあります。

 

ばね指では、痛みがある箇所の経絡に沿って反応点をみて

鍼灸を行います。(手のひら、指、前腕の反応点に鍼とお灸を行います。)

 

特に手のひらや指などは、痛みを感じやすいので

その人に合わせて鍼を使ったり、お灸のみにしたりします。

 

ばね指は、お料理(魚を頻繁にさばいたり)を良くされる主婦の方、お皿を洗う量が多い方、パソコン業務など、手を酷使している方が発症しやすく、痛みはずっと出ていたが、我慢をしていたらある日突然、指にばねのような動きをする症状があらわれて、来院されます。

 

ばね指の症状が出る前段階(何となく、手首や、腕、指を曲げる時に痛みがあったり、重だるいと感じた時)で、手のひらや指を後方に反らすようなストレッチや、手首を後方に返すようなストレッチ、指を組んで手首を回したり

手のひらや指先、肘から下の腕のセルフマッサージやセルフお灸を日常生活に取り入れてもらいたいなと思います。

 

最近は、30代、40代での出産も多くなったことで、この年代は日常でパソコンやスマートフォンを多用することから、手指、前腕を酷使しています。

30代、40代からばね指の予備軍であるので、日々のストレッチやセルフマッサージ、痛みがある場所にお灸をすえるケアをしていくことで、ばね指の状態にならないように、気をつけてもらいたいと思います。

 

また、手先の冷えは悪化する要因となるので、手が冷えないように冷やさないようにしておきましょう。

鍼灸では、早めに対処されると、1回~6回程度でかなり楽になってきます。

 

 

 

しょう整骨院 SHO osteopathic and sports conditioningの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典