鍼灸・美容鍼灸なら広島県広島市東区尾長西の鍼灸院|しょう整骨院 SHO osteopathic and sports conditioning

投稿コラム

一覧に戻る

野球の応援疲れから来る、胃痛、胃もたれなどの症状の対策について

投稿日:2018/10/29

日中暑いくらいの陽気で、朝夕は冷え込む日々が続いています。

先週から今週にかけて、ぎっくり背中、胃のもたれ、胃痛を訴えられる患者様が多くいらっしゃいました。

といいますのも、広島は、この土曜日から日本シリーズが開催され多くのファンが、スタジアム、パブリックビューイング、スポーツバーなどで、観戦をする人が多くおられました。日中はお仕事をして、その後の野球観戦、一週間しっかり仕事をされての週末の日本シリーズという日々は

日中パソコン業務や立ちっぱなしの仕事で、筋疲労がある→夕方からの試合で冷える→試合でボルテージが高まり交感神経優位になる→血流が悪くなり、冷える→胃腸の動きが悪くなる→冷たいビールや唐揚げなど、盛り上がり、暴飲暴食度が増える→胃痛・胃もたれの原因と、肩こり、ぎっくり背中、腰痛の原因に。となりやすくなります。

明日10/30からは、福岡での3連戦ですので、ドームのため、そこまで寒さは感じないかもしれませんが、道中での寒さ対策や、暴飲暴食などに関しては、気を付けていただきたいと思います。

そして、さらに、その後の2連戦は広島で開催されることになっています。

これらの症状を予防するには、

①冷え対策を万全に。②普段からストレッチ、ウォーキングなどをして、筋肉疲労を取り除いておく。③冷たい飲食物に注意する。温かい物を摂るようにする。食べすぎ飲みすぎに注意。食べすぎた場合は、しばらく胃を休ませる。④試合後は温かいお風呂やシャワーで身体を温める。リラックスして睡眠をとる。

<span style="display: inline !important; float: none; background-color: transparent; color: #444444; font-family: Verdana,Arial,Helvetica,sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; line-height: 25.2px; orphans: 2; text-align: left; text-decoration: none; text-indent: 0px; text-transform: none; -webkit-text-stroke-width: 0px; white-space: normal; word-spacing: 0px;">ことなどがあげられます。

また、朝夕のお灸でのセルフケアもおすすめです。

胃痛、胃のもたれ、ぎっくり背中などを発症し、辛い症状の時は、我慢せず、出来るだけ早めに鍼灸で身体を整えることをお勧めします。痛み止めを使用せずに、回復できるようにしていきます。

 

しょう整骨院 SHO osteopathic and sports conditioningの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典