鍼灸・美容鍼灸なら大阪府堺市中区堀上町の鍼灸院|タニダ鍼灸治療院(堺TPラボ)

  • クーポン発行店舗
  • 「健康と美容」の悩みを解決する鍼灸治療院

投稿コラム

一覧に戻る

筋・筋膜治療における鍼の有用性

投稿日:2017/12/20

筋肉の異常が引き起こす症状

筋肉が原因で起こる症状にどんなものがあるかご存知でしょうか?

もしかすると運動後の筋肉痛や肩凝り程度しか思い浮かばないかもしれませんが、筋肉の異常は実に多彩な症状を引き起こします。

腰痛、頭痛、変形性関節症、四十肩・五十肩、坐骨神経痛といった整形外科領域の痛みのうち、かなりの割合が筋肉に起因している可能性があり、痛み以外にシビレやめまい、関節の動きの制限、脱力感といった症状も筋肉の異常によって起こることがあります。

 

悪くなりやすい筋肉とは?

我々が普段何気なくする動作、例えば歩く、走る、顔を洗う、食事をする、立ち上がる、呼吸するなどは勿論のこと、ただ立っている時や座っている時でさえ、沢山の筋肉が協調して働いています。

その中でも特に悪くなりやすいのが姿勢保持に関わる筋肉です。

姿勢を保つということは、言い換えれば関節を動かさないように固定するということです。この固定には筋肉の力が必要になります。固定している間、筋肉は休むことなく頑張り続けているため、姿勢保持に関わる筋肉はそれだけ痛んだり凝ったりしやすいのです。

 

筋肉の治療における鍼の有用性

筋肉の問題としてイメージしやすい肩凝りを例に考えてみましょう。

肩凝りの対処法として誰でも思いつくのはマッサージやストレッチですよね。

マッサージの場合、皮膚の直ぐ下にある筋肉が問題であれば十分に効果的な刺激となりますが、実際には浅い部分だけが悪くなっていることはあまりありません。先に述べたように筋肉は深部の方がより悪くなりやすいため、一般的なマッサージでは刺激すべき深さまで刺激が及ばずに十分な効果が得られないことが多いのです。

マッサージで深部の筋肉を刺激するのは技術的な難しさがあり、物理的にも限界があります。

ストレッチは深部の筋肉を伸ばすことができますが、筋肉の特定の部分(悪くなっている箇所)を選択的に刺激するということが難しく、どちらかというと筋肉全体を伸ばしてリラックスさせるのに向いています。

他にも湿布や磁石の付いたシールを貼る、磁器ネックレスなどの対処法がありますが、いずれも表面的な部分にしか影響しないと考えてよいでしょう。

一方、深部の病変部を刺激するという点において鍼の場合は技術的・物理的な制約はありません。硬い構造を簡単に貫くことができ、指では刺激しにくい筋肉でも容易に刺激することができます。

身体の構造を熟知したうえで用いるなら、危険な部分を避けて必要な箇所をダイレクトに刺激できる安全且つ優れた治療手段だと言えるでしょう。

 

まとめ

鍼治療は痛いというイメージが先行して敬遠する方も多いですが、実際に受けてみると想像していたほどではなかったという感想を持たれる方が多いのも事実です。

実際のところ筋・筋膜(特に深部)に問題がある場合は鍼をうまく使うことで非常に効率的に治療が進みます。

鍼に対して良いイメージを持っていない方も、こうした鍼の強みを知っておけばいざという時の選択肢が増えるのではないでしょうか。

鍼治療を受けたことがない方や、マッサージなどでイマイチな効果しか実感できない方は積極的に鍼治療にチャレンジして欲しいと思います。

タニダ鍼灸治療院(堺TPラボ)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典