鍼灸・美容鍼灸なら愛知県岡崎市羽根北町の鍼灸院|いお鍼灸接骨院(不妊鍼灸・自律神経・耳・岡崎市)

投稿コラム

一覧に戻る

体外受精を何度やっても着床しない場合に必要なこと

投稿日:2018/09/16

愛知県岡崎市にある「いお鍼灸接骨院」です。
当院にお越しになる患者さんに多いのが、何度も体外受精にチャレンジしたけれど、よい卵胞がとれない、着床しない、というお悩みです。
ほとんどの方が30代後半から40代の方です。
不妊治療に疲れていらっしゃる方が多く、体外受精を行いながら鍼灸院で施術を受けられる方もいますが、一度病院をお休みされて鍼灸のみのタイミング法で身体も心も休めてからまた体外受精にチャレンジしようとされる方が多くみられます。
当院ではその間に妊娠に至るケースがあります。
卵胞の確認に行かれている患者さんだと、卵の発育が良いことに病院の先生からも驚かれます。
AMHも低く、お薬で刺激をあたえてもなかなか卵胞が大きく育たなかった方も、鍼灸のみの施術にかえたところ、卵胞が育つケースがあるのです。

なぜ薬なしで卵胞が育つのでしょうか。
それは鍼灸が身体自体の体調を整え、本来の卵巣の力を発揮できるためではないかと思います。
もちろん、お薬は身体の機能を補完してくれ妊娠においても大切な役割を果たしてくれることがあります。
しかし、薬も効かず、体外受精もうまくいかない場合、一度ご自身の身体の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
肉体的にも精神的にも疲れ切っているなら、まずはご自身の体調自体を整えてみてはいかがでしょう。

 

いお鍼灸接骨院(不妊鍼灸・自律神経・耳・岡崎市)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典