鍼灸・美容鍼灸なら福岡県福岡市中央区渡辺通3丁目の鍼灸院|美容鍼灸サロン CHARMANT(シャルマン)

しんきゅうselection福岡美容鍼6選 2017年

しんきゅうコンパスSelection
福岡で人気の美容鍼サロン6選
に選ばれました!
詳しくはこちら

投稿コラム

一覧に戻る

髪のトラブルに鍼灸???

投稿日:2017/09/23

髪のハリのなさ、薄毛、脱毛、髪のトラブルは多いです。

改善策として育毛剤や育毛マッサージ、ヘアウィッグ、植毛と様々な方法がありますが、

そもそも髪のトラブルってなぜ起きるんでしょう。

今回は、東洋医学で【髪】について考えてみます。

 

【髪】と言うのは東洋医学で【腎】にあたります。

【腎】というのは内臓器官の腎臓ではなく、

泌尿器、生殖器などの【生命力を司る装置】という意味になります。

 

また、【髪】は東洋医学でいうと血余(ケツヨ)と書きます・

【血余】の意味は血の余裕・・・つまり髪は血の栄養が余ってできているもの

つまり血液の量が少ないことや頭皮が固まり血が流れにくい状態も脱毛の原因になるという事です。

髪は腎の華と呼ばれ、生命エネルギーが満ちていると

髪に艶やハリがでて美しく元気な髪が育ちます。

 

このように腎と血は髪に大きく関わっています。

例えば

ストレス過多やニキビができやすい、

目が充血しやすい方は血が熱を持ってしまっている状態、

血熱といい部分的に脱毛してしまうことが多いです。

 

 

また、無気力になったり耳鳴りやめまい、

腰のだるさ、食が最近細くなった方は肝腎陰虚の可能性が高いです。

髪にハリやコシがなくなり、

髪がぬけやすくなってきます。

 

気虚や血熱が悪化すると瘀血(血が滞ってしまい、栄養が回っていない状態)

になりやすく刺すような頭痛がしたり肌がカサカサしたり

顔色がどす黒くなる症状がみられます。

全体的な脱毛がみられやすいです。

 

これだけでもいくつか思い当たる節があるのではないでしょうか・・・。

他にも様々なパターンが原因で脱毛はおこります。

髪だけではなく身体全体の状態を東洋医学的に診てそれに合わせて

鍼灸治療や自分に合った食生活を行うとさらに効果的に髪トラブルを防ぐことができますよ!

 

 

 

美容鍼灸サロン CHARMANT(シャルマン)の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典