鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区白金の鍼灸院|鍼灸サロンRicca

しんきゅうselection東京不妊治療13選 2018年

しんきゅうコンパスSelection
東京の不妊鍼灸サロン13選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 女性鍼灸師・不妊カウンセラーによる不妊治療!

投稿コラム

一覧に戻る

プレ・マタニティハラスメント予防法

投稿日:2018/09/10

先日、よく参考にしているサイト「読みドクター」でこの言葉を目にしました。

 

プレ・マタニティーハラスメントは、

NPO法人Fineが長年提唱している、妊活(妊娠するための活動・努力)や、不妊治療を行なっている人に対して(意識下、無意識下を問わず)行なわれている職場におけるハラスメント行為を指す言葉とのこと。
https://j-fine.jp/infertility/premata.html より抜粋

 

 

ハラスメントとは
嫌がらせ、いじめ』を言います。
その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

 

最近のニュースでもパワハラが問題にあがり、ハラスメントに関しては敏感になっている
風潮があります。いずれマタハラも、テレビで大きくとりあげられることがあるかもしれません。

 

 

今回の記事からわかったことで、
・NPO法人Fine(ファイン)が2017年に行った調査では、仕事をしながら不妊治療をした人のうち、両立が困難なために20%が退職、8%が転職していた。
理由は「通院回数が多い」「診察・通院に時間がかかる」の順に多かった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010000-yomidr-soci&p=1 より抜粋

 

 

この部分は、とても考えさせられました。
当院に通院されている方にも退職、転職をしたかたの話は聞こえてきます。
妊娠出産、その後の子育てを考えて、自ら働く環境を変える方もいれば、周囲の目が気になり、仕方なく環境を変える方もいますが、28%のかたは不妊治療で自分のライフプランを変えなくてはならない現実があるということです。

 

 

 

 

 

 


私たちにできることは何か?

不妊カウンセラーとして婦人科検診をすすめていく
・30代後半で子宮内膜症がわかり、それが妊娠しにくい要因になっている
・30代後半、卵巣にできた袋状の腫瘍に液体がたまる卵巣のう種や、子宮にできる良性の腫瘍である子宮筋腫など、婦人科の病気が増える

 

大きな病気が見つかれば、病院に行く回数も増えてしまいます。
そうなる前に検診で、早期の対処をしていくことが重要です。

 

 

鍼灸師として、生活習慣病(冷え等)の改善

子宮や卵巣にも血液がいきわたり、栄養が運ばれます。冷え対策はその観点からも重要です。
不妊治療のために特別に何かするというより、胃の調子、睡眠習慣、ストレスの緩和など、一般に健康的な生活を送れるようなカラダの状態を保てるように、鍼灸を取り入れてもらえればと思います。

 


プレ・マタニティハラスメントは相手が行う行為なので、100%防止するのは難しいかもしれませんが、ハラスメントを受けない事前対策と、心とカラダのストレスケアを私たちはサポートさせていただきます。

 

東京都港区白金、女性専用鍼灸サロンリッカ
TEL 03-3445-1189


しんきゅうコンパス 鍼灸サロンRicca
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2256/
 
鍼灸サロンRicca 院長 藪崎篤子 ブログ
https://ameblo.jp/ricca-shirogane/
 
鍼灸サロンRicca facebook
https://www.facebook.com/riccashirogane/

鍼灸サロンRiccaの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典