鍼灸・美容鍼灸なら愛知県名古屋市中区大須の鍼灸院|ゆうあい鍼療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 徹底的に治す!妥協のない治療!身体と心を治す!

投稿コラム

一覧に戻る

ゆうあい鍼療院お勧めのヒトツボ 自律神経失調症編

投稿日:2017/02/01

ゆうあい鍼療院のコラムは各症状に対してスタッフがお勧めのツボを1つだけ紹介させて頂きます。様々な症状を1つのツボで治療できるわけはありませんが、敢えて的を絞ってこの場ではヒトツボ療法として皆様のお役に立てればと思います。また当院のコラムでは元となる病気の原因や細かな症状は省かせて頂きます。何卒ご了承下さい。

 

今回は自律神経失調症です。

 

この前お正月だと思ったらもう2月。本当に時間が過ぎるのは早いですね。2月3日は節分。その次の日は立春です。まだまだ寒いですが暦の上では春なんですね。これからの季節注意したいのが花粉症と自律神経失調症です。花粉症のお話はまたの機会にしますが今回は自律神経失調症に効果があるツボを紹介させて頂きます。

 

では何故?このれからの時期に自律神経失調症に気をつけないといけないのか?

それは春と秋が自律神経の切り替えの時期なんですね。冬の寒い期間は交感神経が優位になっていますが春にかけて陽気が良くなってくると副交感神経が優位になってきます。そのときにウマイ具合に切り替えが出来ないと心身の調子がおかしくなってしまいます。そのようにならないように今回は今のうちから自律神経失調症を予防できるツボを紹介致します。

 

今日紹介するツボは内関(ないかん)です。

 

場所は上の写真のように手首に三本の指を置いて頂き、その上端の真ん中にあります。

専門的にいうと「大陵穴から曲沢穴に向かい上2寸に取る。」とあります。丁度、二本ある腱の真ん中になります。内関は手の厥陰心包経の6番目のツボで絡穴でもあり八総穴でもあります。要するに慢性症状によく使い、その用途も広範囲にわたります。

特に気滞(気の滞り)や肝鬱の症状の時によく用いるツボです。精神的な症状を治療する場合は肝経・胆経を使用します。しかし内関は心包経ですが肝鬱に効果があることからメンタルな症状を改善するためにはとても重要なツボです。ただし我々鍼灸師はここに鍼を刺す時は細心の注意をはらいます。使い方を間違えると効果がないばかりか逆効果になる場合もあるからです。皆様がこのツボを押さえる時もなるべく優しく、自分を労わるように押してあげてください。また押す時は必ず大きな呼吸をしながら押してくださいね。気の流れが良くなります。

 

今のうちから自律神経を整えて、心身ともに不調になりやすいこれからの時期を元気に切り抜けましょう!!

 

 

身体と心の健康空間  ゆうあい鍼療院   052-222-1678

ゆうあい鍼療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報