鍼灸・美容鍼灸なら京都府京都市伏見区深草西浦町の鍼灸院|江藤はりきゅう治療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 経験豊富な鍼灸師があなたの不調を解決します。

投稿コラム

一覧に戻る

しびれの原因とは

投稿日:2018/01/27

 事故や病気の他に大きな症状もないのに手足がしびれる。

正座のときのようなしびれがとれない。

しびれとは「神経に何らかの障害があり正常に働かなくなったもの」です。

今回はしびれの原因の一つである「神経の圧迫」の話です。

腕の痺れの原因で多いのは「神経のそばの筋肉が固くなって神経を圧迫する」です。

腕に向かう神経は頚の横から出て鎖骨の下を通りわきの下を通ります。

そのいずれかに筋肉の硬結や短縮があると神経を圧迫することがあります。

圧迫されるところはある程度限られています。

頚の側面の「斜角筋」、大胸筋の下の「小胸筋」、脇の下を通る「ローテーターカフ」などです。

さらに上腕三頭筋が原因の橈骨神経の圧迫などもあります。

頚や肩の筋肉が原因の場合、首と肩を「痛くない範囲で大きく動かす」と症状の軽減があります。

また、小柄な女性に多い「胸郭出口症候群」や頸椎のズレや頸椎のヘルニアなども原因となります。

また、肘や手首などで神経の鞘が狭くなってしびれる「肘部管症候群」「手根管症候群」などの絞扼神経障害もあります。

足の痺れも同様に腰椎のヘルニアや変形、お尻の梨状筋が狭くなる「梨状筋症候群」、下腿の腓骨筋などが原因となるものや足関節の神経が狭くなるものもあります。

筋肉が原因のものはストレッチなどで軽減しますが、そのほかの原因は医療機関での受診が必要となります。

鍼灸治療もしびれに効果がある場合があります。医療機関が苦手な方はまずお近くの鍼灸院に受診されてはいかがでしょうか?

神経の圧迫が長期間続くと「神経細胞の変質」がおこり予後がわるくなります

しびれやマヒなどの神経障害は早期の治療が必要です。

 

江藤はりきゅう治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典