鍼灸・美容鍼灸なら東京都新宿区新宿の鍼灸院|あんにょん鍼灸院

  • 首の治療ならおまかせください!

投稿コラム

一覧に戻る

首こり、首の痛みの治療には鍼が一番!な理由

投稿日:2016/12/07

首がこったらどこに行きますか?

首がこって前後左右に動かせない、首と頭のつけ根や首の骨際が痛い、首がこりすぎて頭痛やめまいがするといった時、皆さんはどこで治療してもらいますか? 

整形外科、マッサージ、整体、整骨院、カイロプラクティック、ストレッチ専門店、鍼灸院など、選択肢は数多く存在します。首の治療法は、大きく分けて「手技」「器具(電気、牽引など)」「鍼」の3種類がありますが、前述の治療院を治療法別に分けてみると、以下のようになります。

「手技」:マッサージ、整体、整骨院、カイロプラクティック、ストレッチ専門店

「器具(あるいは手技&器具)」:整形外科、整骨院

「鍼」:整骨院、鍼灸院

おそらく皆さんが最初に行かれるのは整形外科か整骨院などの保険診療を行っている治療院ではないでしょうか。そこで効果が出なければ、自費診療の「手技」の治療院をいくつか巡り、それでもダメならようやく鍼灸院での治療を考えてみる、といった流れが多いように感じます

当院には、鍼治療が初めてという患者様が多くいらっしゃいますが、その方たちに「なぜ鍼を受けてみようと思ったのですか?」と聞いてみたところ、「マッサージや整体ではその時良くなったと思ってもすぐに戻る」「指でぐいぐい押されてよけいに痛くなった」「深いところが凝っていると解っているので、ちょっと怖いけど鍼が一番良いような気がした」といった答えをされます。また、ある患者さんはこんな話をしておられました。「首こりで悩んでいる人は多いと思う。とりあえずマッサージや整体などの身近で行きやすい所に行ってみるけど、そこで効果がなかった時にはどこに行っていいのか解らない。そんな人たちの受け皿がないんじゃないですか」と。

 

首こりは放置してはいけない危険なコリ

確かに、首に痛みや深いコリがあって悩んでいても「よし、鍼だ!」と思われる方は少ないようです。人から“鍼が良いみたいよ”と聞いても、“鍼は痛そう、怖そう”というイメージがあるのと、どの鍼灸院に行っていいか解らないというのがあるからでしょう。

かつて修行をしていた鍼灸院に、ひどい首こりに10年以上悩まされ、全国の整体院、整骨院、整形外科を渡り歩いて来た40代の男性が来院されたことがありました。彼は10代の頃にスノーボードで転倒し、後頭部を強打してむちうち症になったのですが、少し時間がたつと症状が治まった為、そのまま放置していました。しかし、30代になった頃から激しく首が痛むようになり、首の痛みに伴って吐き気や頭痛、突然心臓がバクバクして死ぬんじゃないかと思うようなパニック様発作まで発症し、仕事にも行けない状況にまでなってしまいました。そこから彼の治療院巡りが始まりました。10年以上もの間、良いと噂を聞いた整体院や整骨院、整形外科で治療を受けてはみたのですが症状は一向に良くならず、困り果てて「鍼でもやってみるか・・・」と鍼灸院にいらしたのです。その方の何度目かの治療の時に「10年の間に鍼を試そうと思った事はなかったのですか?」と聞いたところ、「まったく選択肢になかった」と答えられたのには鍼灸師としてとてもショックを受けました。この患者さんは3か月ほどで首のこりや痛みも取れ、徐々に仕事にも復帰することが出来ました。初診から数回の治療で鍼の効果を感じてくださったのか「俺の10何年間の苦しみはなんだったんだろう」と仰ったのがとても印象に残っています。

 

首こり・首痛の治療には鍼が一番!の理由 

前述したように、鍼は首こりの治療に対してほとんどファーストチョイスされていない現状なのですが、これはとても残念な事実です。というのは、鍼は「コリ」や「寝違え(※)」「むちうち」などの首の筋肉の損傷には絶大な力を発揮するからです。※寝違えは発症すぐの炎症を起こしている状態の時は、患部への鍼治療は不適応です。

まずは下の図をご覧ください。首の筋肉です。

首には頭頚(とうけい)部の運動に働く筋、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ(飲み込み))に働く筋、呼吸の補助筋と、合わせて22種の筋肉があります。これらの筋肉は他の体の部分と比較して、とても細く小さな筋肉です。その細くて小さな筋群が、まるでミルフィーユのように何層にも重なって、狭い首に密集し、成人なら5,6kgもある重い頭を支え、様々な働きをしています。この首の筋肉の構造だけでも、手や指で行う治療より、髪の毛と同じくらいの太さしかない鍼の方が刺激が少なく、治療に適しているのはお分かりになるでしょう。この構造の他に「首が担っている様々な役割」、そして「首の筋肉にあるセンサー」に首こり・首痛の治療には鍼が一番!の理由があるのです。

 

首こり・首痛の治療には鍼が一番!の理由

その1.指ではコリのある筋肉をピンポイントでとらえられない。

首の筋肉の図をご覧いただければお分かりになる通り、首にある筋肉は小さく細い筋肉がほとんどです。その小さくて細い筋肉にコリが出来た場合、その部分を指でピンポイントに刺激することはほぼ不可能に近いでしょう。“コリや痛みの原因をどのように捉え、どう解消するのか”は治療家それぞれに意見があると思いますが、私はコリとは特定の筋線維が血流不全になった状態、そして痛みは血流不全により筋線維内にたまった老廃物が神経を刺激した状態だと思っています(ブログ「What is コリ!?」をご参照ください)。なので、コリと痛みは解消するには、患部となっている部位を特定し、その部分の血流をピンポイントで改善させなければいけないと考えています。鍼なら層になった小さく細い筋肉に出来たコリも、解剖の知識と触診、経験で患部の位置が解るので、ピンポイントで体の中から直接治療することが可能なのです。

 

その2.指では疲労がたまる骨際のコリに触れられない。

首はとても働き者です。首の役割をざっと上げてみると下記のようになります。

・頭部を固定する

・頭部を動かす

・眼球運動に合わせて頭部の位置を調整する

・咀嚼、嚥下時に下あごを引き下げる

・咀嚼、嚥下時にのどを上下させる

・胸郭を広げるのを助ける

・脳と体をつなぐ血管と神経のパイプ役をする

といったように、私たちが起きて活動している間中フルに働いています。

また首は、肩や背中、腕の筋肉と筋膜でつながっているので、それらの活動の影響も受けています。

ここで話は少し変わりますが、筋肉は浅層筋と深層筋があります(アウターマッスルとインナーマッスル、グローバル筋とローカル筋という呼び名もあります)。両者の違いを簡単に箇条書きにしてみます。

【浅層筋】

・外から見える(ボディビルダーの肉体が解りやすいです)

・触れられる

・投げる、引っ張る、持ち上げる、などの主要動作に使われる。

・瞬発力が 

・疲労しやすい

【深層筋】

・外から見えない(骨に近い部分にある)

・触れられない

・姿勢の保持や微調整などの補助動作に使われる(骨格を保持するので、主要動作の際にも働く)

・持久力がある

・疲労しにく

首はどちらの筋肉が疲労するかは容易に想像できますよね?

首は起きている間中、重い頭を支え、頭の位置を調整し続けているので、深層筋の負担は相当なものです。ましてや猫背で首が前に出ていたり、顎が常時上がっているような姿勢はどれほど首に負担がかかっていることか・・・。深層筋は疲労しにくい筋肉なのに、その深層筋がこったり痛むというのは、かなり疲労が重なっていると思ってください。

首のコリや痛みは深部に出ます。

首こり、首の痛みを抱えている方がマッサージに行っても「スッキリしない」「すぐに戻る」と感じられるのは、本当に疲れている深層のコリが取れていないからです。

この患部の深さがもう一つの鍼が一番!の理由です。鍼は患部の深さに合わせて、使用する鍼の長さを自在に変えて治療が出来るのと、患部に届くまでに通過する上層の筋肉を損傷することもないのです。

 

その3.指による面の刺激は痛みが生じやすい。

マッサージ店で首をもんでもらいよけいに痛くなったという人は少なくありません。

それは首の筋肉が細くて小さいので傷つけやすいということありますが、筋肉にある痛みを感知するセンサーが首にはとても多いというのも理由として挙げられます。

筋には筋紡錐(きんぼうすい)という筋組織の長さや張力を感知したり、筋肉に加わる圧の変化などを感知し中枢神経系にフィードバックする受容器が存在します。これらの働きによって、筋肉は過度に伸張するのを防ぎ、体に危害が加えられそうな刺激に対し、防御反応を取っています。そして、身体にはこれらの受容体が密な部位、粗な部位があります。

平均数として細かい運動を司る手などには密に存在し、大きな運動を司る太ももの筋肉や僧帽筋などは大まかに存在しています。その中でも特に首の筋肉には多くの受容体が存在するため、少しの刺激でもすぐに神経が興奮し体が反応します(筋肉が硬直する。気持ち悪くなる。など)。その為首の治療には注意が必要とされ、多くの治療院が首の治療を積極的にしたがらない理由の一つとなっています。

筋にある受容体は筋肉に張力を加えられた時(負荷がかかった時、引っ張られた時)や圧力を加えられた時に反応するので、マッサージや整体に代表される手技の治療はこのセンサーを発動させます(熟練した手技の治療家なら、センサーが起こす反射反応を回避させて筋肉を刺激することが可能です)。指や手による面の刺激に対し、鍼は髪の毛ほどの直径しかなく、重さもないので、受容器を興奮させることがありません。患部に当たった時に鍼特有の響き(ひびき)という、痛いような重いような感覚がありますが、これは軸索反射という筋肉内の血管を広げる反射で、筋肉を緩める作用があります。

 

首の治療には鍼が一番!と言っても、深層に届く鍼でなければ意味がない。

 ここまで“首こり・首痛の治療には鍼が一番!の理由”をご紹介してきましたが、鍼治療でも深いコリにも直接触れる治療でなければ意味がありません。皆さんはあまりご存じないでしょうが、日本の鍼の手法は実に多様です。施術家の数だけ治療法があると言っても過言ではないほどです。そしてそのほとんどは皮膚に浅く刺す鍼です。先ほど筋肉には浅層筋と深層筋とがあると簡単にご説明しましたが、多くの鍼灸院や整骨院で行われているのは浅層筋かツボをターゲットにした鍼治療です。この治療でも確かに筋肉はゆるむのですが、ゆるんでいるのは浅層筋です。慢性化したコリや深層筋のコリは骨際の深い部分にあるので、浅い鍼ではマッサージと同様の効果しか出せません。軽いコリならマッサージや浅い鍼はとても心地よいので最適だと言えますが、首に代表されるような深いコリは、鍼を直接コリのある深い部分に届けなければ全く意味がないのです。

 

まとめ

鍼が首こりや痛みの治療に最適なのは、患部の範囲や深さによって鍼の太さや長さを変えられ、少ない刺激で高い効果を出せるから。鍼は指の代わりとして体の内部からコリや痛みのある場所を直接治療できるのです。

 「鍼をやったけど効果がなかった」という方も多くいらっしゃるでしょうが、その鍼は深い部分を治療していましたか?もし違ったならもう一度鍼に挑戦して見て下さい。その際はご自身のコリの程度に合わせて、鍼の治療法を選ばれることをおススメします。

あんにょん鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典