鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市西成区玉出中の鍼灸院|ひより堂鍼灸整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 患者さんに納得して治療を受けて頂きます。

投稿コラム

一覧に戻る

精索静脈瘤による男性不妊の鍼灸治療

投稿日:2017/03/02

<男性不妊に意外と多い精索静脈瘤>

精索静脈瘤は男性不妊の原因として非常に多いのですが、元々受診する男性が少ないために、

放っておかれることの多い病気です。

精索静脈瘤には3グレード(段階)があり、3が最も重症な状態です。

 

グレード1 立った状態で腹圧を掛けてエコーで分かる程度

グレード2 立った状態で触診で確認出来る程度

グレード3 視診で静脈瘤を確認出来る

 

 

乏精子症の約3~4割はこの精索静脈瘤が原因であると言われていています。

また二人目不妊の8割近くが精索静脈瘤であるという報告もあります。

女性が必死で不妊治療をしていても、男性側の状態が悪ければ思うような効果は出ません。

しかも精索静脈瘤は外科手術による効果が十分に望めるにも関わらずです。

ご夫婦で不妊治療に取り組んでいる方の中で、特に精子の質に問題がある方の場合には、

この精索静脈瘤を検査するべきです。

 

<精索静脈瘤の治療>

精索静脈瘤は外科手術で治療が可能な病気です。

またその成功率は高く、5~8割の方で精液の状態が良くなったそうです。

ただ上記にあるグレードの内、グレード1の方ではあまり効果は高くない可能性があります。

精索静脈瘤自体の状態がそう悪くないため、それ以外の原因があることも考えられるからです。

 

<精索静脈瘤の鍼灸治療>

精索静脈瘤の鍼灸治療も女性の不妊治療同様に、

局所の血流や代謝亢進を狙った鍼灸治療と、

体調回復やストレス緩和を狙った鍼灸治療とに分かれます。

局所的には下腹部や腰部に施術し、

体調回復やストレス緩和には全身が対象になります。

電極を繋いで行うパルス通電は必ずしも必要ありませんが、

ある程度の響きはある方がいいかもしれません。

 

また外科手術をすれば治ると言われても、精巣にメスを入れることに抵抗を感じるのは、

同姓ならば非常に同感出来ます。

女性が体外受精の採卵を複数回することに比べればと言われればそれまでですが、

もし外科手術以外で効果があれば、その方法を取ることもご理解頂けるでしょう。

精索静脈瘤に対する鍼灸治療はアメリカでも行われており、

その研究では14年間追跡調査を行った結果、

外科手術と鍼灸治療の効果には差が無かったそうです。

 

◎論文の内容

 2008年1月から2010年5月までの間、

30名の精索静脈瘤の男性患者を二つのグループに分けました。

一つのグループは外科手術により精索静脈瘤の処置を行い、

もう一つのグループは2ヶ月間、週2回の鍼灸治療を行い、

この二つのグループを比較したところ、

精子の濃度、運動率は両方で差がなかったそうです。

またその後42ヶ月の追跡調査を行ったところ、

妊娠率が3割以上増加したとのことです。

妊娠率の増加は、恐らく何も処置しない精索静脈瘤患者と比べてということでしょう。

外科手術と結果に差がないのであれば、

鍼灸治療とメリットとデメリットを吟味して、

受けやすい自分にとって受けやすい治療を選択すれば良いと思います。

 

<鍼灸と外科手術のメリットとデメリット>

◎外科手術のメリット

・日帰り手術や約2~3日の入院で治療が完了する。

・治療効果が見やすい。

・治療費が明確である。

 

◎外科手術のデメリット

・外科手術自体に対する恐怖感がある。

・かなり専門性の高い手術であるため病院が限られる。

・全身麻酔による過誤の可能性がある。

 

☆鍼灸治療のメリット

・外科手術と比べれば治療を受ける心理的負担が少ない。

・精索静脈瘤以外の体調不良も同時に治療が出来るため、

 グレード1のような他の原因にも効果が出る可能性がある。

・医療過誤や副作用が起きにくい

 

☆鍼灸治療のデメリット

・どの鍼灸師でも施術出来る治療ではない。

・複数回、長期間治療に通う必要がある。

 

<最後に>

不妊治療は女性が主体になることが多いですが、実際には男性が原因の不妊は女性が原因の不妊と同数程度存在するはずです。

それでも女性が治療の主体でいることは、非常に効率が悪いことです。

特に精子の質が悪い方の場合、精索静脈瘤に限らず鍼灸治療の適応は非常に多いのです。

これから精索静脈瘤やEDなど、多くの男性不妊の研究論文や施術についてご紹介出来ればと思います。

是非ご夫婦で一つの目標を目指して下さい。

また男性が不妊治療をすることに敷居が高いと仰る場合には、

奥様が腰痛や肩こり、眼精疲労、その他体調不良の鍼灸としてお薦めすれば良いと思います。

全身治療の鍼灸だからこそ、疾患名は関係なく治療を施すことが出来ます。

勿論実際に治療を受ける場合には、妊活をしていることを鍼灸師にお伝え下さい。

予めお伝え頂けば、適正な鍼灸治療を行えます。

ひより堂鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典