鍼灸・美容鍼灸なら東京都豊島区北大塚の鍼灸院|鍼灸治療院 森空堂

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 丁寧なヒヤリングとオーダーメイド施術に定評あり

投稿コラム

一覧に戻る

案外と眠れない、寝付けないという人は多い。

投稿日:2017/11/17

森空堂@大塚です。

立冬も過ぎ、いよいよ寒さが本格化してきました。

季節の変わり目になると、「寝付けなくなった」「夜中起きてしまう」という方のご来院が増える傾向にあります。
当院に通ってくださっている患者さんでも、体調が下り坂になっている方が続いています。
そのような人々の共通点は……。

冷えが招く「不眠」

冬に向かうとやってくるのはわかりやすく「冷え」。
東洋医学では「寒邪(かんじゃ)」と言います。

冷えは下半身に溜まりやすく、足の冷えは眠りを妨げます
治療の原則に「頭寒足熱」というものがありますが、眠りが浅い人や寝付けない人はこれが反対になっている場合が多いんですね。

いずれにせよ、最近「睡眠負債」という言葉がテレビ番組でも取り上げられたように
眠れない状態が長く続くと、仕事や生活に大いに影響を及ぼします。
慢性的に疲れているとしたら、それは睡眠の状態が良くないからかもしれません。

 

「不眠」は疲れを溜める原因に

森空堂では治療の指標として、冷えがどこにあるのかを重視しています。
ただ温めるのではなく、どこを温めるのかが重要です。

傾向として「下腹部の冷える」か「足首の冷える」、またはその両方に分かれます。
下腹部の冷えが強い方は疲れが溜まっている場合が多く、
足首の冷えが強い方は内臓の冷えが足首に現れていることが多いかな、という印象です。
さらには頭痛や食欲不振を伴うこともあり、それぞれのケースで治療方針は変わります。

お灸で温めることもあれば、鍼だけで冷えを取る場合も。
他の人と同じ治療をすればいい、というわけではないのがポイントです。

 

自分でできることはなんだろう?

冷え対策のセルフケアとしては、「首」とつく部位を冷やさないこと。
特に足首はレッグフォーマーなどを着用して、極力冷やさないように気をつけてください。
「寝るときは素足がいい!」という方も多いですが、せめて足首の防寒を……。
ちょっとしたことで、体調を改善することができますよ。



こんなときには鍼灸を試そう

眠れない、眠りにくい、目が覚めてしまう……《なんとなくいつもと違う自分の感覚》。
「でも、話してもわかってもらえないかもなー……」と、我慢している人は案外といるものです。

東洋医学では患者さんの主観も大切な判断の要素です。
しっかり話を受け止めてくれる鍼灸院は多いので、ぜひ一人で悩まずに相談してくださいね。

 

 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
鍼灸治療院 森空堂
JR大塚駅から徒歩5分
http://shinkudo.com/
電話 03-5980-7391   Mail shinkyu.shinkudo@gmail.com

鍼灸治療院 森空堂の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典