鍼灸・美容鍼灸なら香川県高松市番町5丁目6の鍼灸院|番町もくの木鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 一人ひとりの体に合わせたオーダーメイド治療

投稿コラム

一覧に戻る

♣ 不妊の悩みと鍼灸ケアについて

投稿日:2018/02/19

不妊症とは、病名ではなく、避妊をしていないにも関わらず、2年以上妊娠に至っていない状態のことを言います。

〈不妊の原因とは〉

不妊の原因は、男性因子40%、女性因子40%、原因不明20%と言われています。決して女性だけの責任ではないのです。

妊娠とは、本来、心身ともに健康であってはじめて成立するものです。健康な方が余剰エネルギーで子宮の中で新しい命を育て、出産に至ることができます。ところが、現代の不妊で悩んでいる方の多くは、慢性的に冷えで悩まされていたり、疲れがいつまでも取れなかったり、ストレスでイライラや疲弊していたりと、とても「心身ともに健康な状態」とは言えないケースが多いのです。

このような状態で、自然妊娠に至らず、一般不妊治療から高度生殖医療・・人工授精(AIH)や体外受精(IVF)、そして顕微授精(ICSI)とステップが進んだとしても結果が出ず、落ち込み、もう赤ちゃんをあきらめてしまおうか・・という方も大勢いらしゃいます。

西洋医学では不妊には以下のような原因があると言われています。

  • 排卵因子(卵が育たない)
  • ピックアップ障害(卵子が正常に卵管采に取り込まれない)
  • 子宮頚管因子(精子が子宮に入れない)
  • 卵管因子(卵管狭窄・卵管閉塞・卵管水腫)
  • 受精しない(卵子と精子がであっても受精できない)
  • 受精卵の成長が止まる(受精したのに卵の成長が止まってしまう)
  • 子宮因子(着床しない)
  • ストレス(仕事や環境の変化によるストレス)
  • 配偶者側に原因(勃起障害・乏精子症・精子無力症・無精子症など)
  • まず、不妊治療や体外受精を行ったが、なかなかうまくいかない方へお伝えしたいのは、なかなか子供に恵まれないのは検査ではわからないところに原因があるかもしれないということです。

東洋医学では昔から、妊娠・安産には温かいカラダと言われています。

不妊には、「冷え」をとる鍼灸はとても適した治療法です。不妊症のことを「腎」の不足と考えています。では、「腎」とはいったい何のことでしょうか?

「腎」は単に腎臓のことを言うのではなく、生殖器をつかさどり、誕生・成長・生殖・老化に至る一生の身体を調整している総称です。ホルモンも含まれます。生殖器に関わりが大きい「腎」は妊娠・出産にとって、大事な役割を果たしているのです。腎が不足している状態というのは内臓、子宮、卵巣、精巣などが正常に機能できず、子宮内膜症、月経異常、排卵障害、また機能性不妊、冷えなどが起こり、妊娠しにくい体となってしまっていると考えられます。

もともと身体の力が十分でないのに、高度生殖医療を受けても良い卵が採卵できなかったり、うまく子宮に着床したとしても、流産してしまう悲しい結果が起こるケースが少なくありません。それは身体の方で、「このお母さんの身体は妊娠が維持できる身体ではないから、赤ちゃんを育てる力がない。外にだしてしまおう」と拒否反応のようなものを示すのですね。だから妊娠が維持できないし、そもそも良い卵子が採卵できないのです。

〈不妊の鍼灸治療とは〉

鍼灸治療では、全身の気、血液、水のめぐりを整えていきます。そうして、人間が本来もっている自己治癒能力を高め、心身のバランスを整えていきます。冷えによる血行の悪さは不妊症の方に多くみられる症状です。冷えにより子宮、卵巣がうまく働いていないことが多く、血液の流れを良くする治療は冷えの解消に最も有効だといえます。全身に停滞していた流れを良くすることで、卵巣や子宮などの臓器に元々持っていた本来の働きを取り戻し、元気になることで妊娠のしやすい体に変わっていきます。

産婦人科などでの不妊治療との併用治療も相乗効果が大きいのです。

赤ちゃんが育ちやすい子宮環境づくりが重要ということです。

 

番町もくの木鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典