鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区三田の鍼灸院|鍼灸院はりもぐら

  • 注目
  • 田町駅・三田駅・赤羽橋駅からのマルチアクセスが可能

投稿コラム

一覧に戻る

『半月板損傷』による膝の痛み

投稿日:2017/03/31

こんにちは、「鍼灸院はりもぐら」 院長 石井健士です!

 

 

今回は「膝疾患」のうち、半月板損傷についてお話していきたいと思います。

 

半月板とは、膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨様の板で、内側はC型・外側にはO型のものがあります。

 

主に、歩行などの動作時に膝関節にかかる衝撃を和らげる役割と、膝関節が変な方向に曲がらないように安定させる役割を果たしています。

 

ここが損傷されると、膝を曲げ伸ばしした際に痛みやひっかかりを感じることがあります。

 

症状がひどくなると、関節水腫(膝に水がたまる)、ロッキング(急に膝が動かせなくなる)という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

 

原因としては、スポーツ時における怪我から生じる場合と、加齢により脆くなっている半月板に微細な力が加わることで損傷する場合とがあります。

 

スポーツ時では、身体を激しく動かしている最中でのひねりや衝撃によるものなので、半月板の損傷だけではなく、前十字靱帯の損傷などを合併することがあります。

 

半月板は加齢に伴い変性するものなので、40歳を越えたあたりからでは、ちょっとした外傷でも半月板損傷が起こりやすくなります。

 

膝関節の表面が痛いだけならば、筋肉や腱の損傷だけかもしれません。

 

しかし、関節の中の方が痛いといったときは、医療機関を受診することをお勧めします。

 

接骨院や鍼灸院でも、徒手検査や症状の経過によって半月板損傷であろうとの予測ができます。

 

それだけでは不安だという方は、整形外科でのMRI検査での診察を受けるとよいでしょう。

 

症状がひどい場合には手術を勧められますが、症状が軽い場合には保存療法で対応します。

 

保存療法では、膝関節の炎症を抑えることを第一にしています。

 

鍼灸治療では炎症を抑え、痛みを減らすことができます。

 

さらに関節周りの筋肉などを刺激することで、関節拘縮の予防にも一役買います。

 

「膝の痛みは無くなったけど、動きが悪くなった。」という方も、鍼灸治療を是非一度お試しください!!

 

「鍼灸院はりもぐら」では、鍼灸治療と整体を組み合わせることにより、痛みの除去とカラダのバランス調整を行い、あなたをしっかりサポートさせていただきます(^^)

 

http://www.k-harimogura.com/

 

―――前回のコラム―――

『変形性膝関節症』による膝の痛み

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1971/8754/

 

春になると足がつりやすくなる!?

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1971/8920/

鍼灸院はりもぐらの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}