鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区三田の鍼灸院|鍼灸院はりもぐら

  • 注目
  • 田町駅・三田駅・赤羽橋駅からのマルチアクセスが可能

投稿コラム

一覧に戻る

春になると足がつりやすくなる!?

投稿日:2017/03/09

こんにちは、「鍼灸院はりもぐら」 院長 石井健士です!

 

日中は暖かくなってきて、だんだん春の足音が聞こえてきましたね♪

 

暖かくなってきたからと言って、油断は禁物!!

 

実は春になると、足をつる方が増えてきます!

 

なぜでしょう?

 

「春」という季節は、東洋医学的な「肝」の機能に影響を与えやすい季節とされています。

 

では、その「肝」の機能とは何でしょうか?

 

「肝」は血液の貯蔵庫となっており、私たちの身体の各部位の血液量を活動状況に応じて調整しています。

 

また、「肝」筋肉の運動機能や支持機能をコントロールしています。

 

筋肉に血液を送れなくなると、筋肉に力が入らない、ひきつれて痛くなるといった症状が現れます。

 

西洋医学的にも、春は新生活に対して緊張やストレスが重なり、精神的な負担が増えます。

 

また初春は、日中は暖かくなってきたものの、夜になるとまだまだ寒さが続きます。

 

一日の中での温度差や気圧の変化に身体が対応しきれず、肉体的にも負担が重なってしまいます。

 

この状態が長く続くと自律神経が乱れてしまい、血行不良に陥り、筋肉(特にふくらはぎ)がつりやすくなってしまうのです。

 

自律神経が乱れてしまうと、「足がつる」という症状だけでなく、

・イライラする

・気分が落ち込む

・首肩がこる

・手足が冷える

といった症状も出てきてしまいます。

 

この状態を放置すると睡眠障害を引き起こし、さらにはうつ病五月病にまで進行してしまうかも!?

 

これらの症状には鍼灸治療が最適です♪

 

「鍼灸院はりもぐら」では、鍼灸治療と整体を組み合わせることにより、自律神経の調整、血行改善を行い、あなたの春の新生活をしっかりサポートさせていただきます(^^)

 

 

http://www.k-harimogura.com/

鍼灸院はりもぐらの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}