鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区三田の鍼灸院|鍼灸院はりもぐら

  • 注目
  • 田町駅・三田駅・赤羽橋駅からのマルチアクセスが可能

投稿コラム

一覧に戻る

「原因不明の腰痛③」(椎間板性腰痛)

投稿日:2017/01/13

こんにちは、「鍼灸院はりもぐら」 院長 石井健士です!

 

今回は「原因不明の腰痛」のうち、椎間板性腰痛についてお話していきたいと思います。

 

まず始めに、椎間板とは何でしょう?

 

人間の背骨は、椎骨と呼ばれる骨が縦に積み重なってできています。

 

図のように、上下の椎骨と椎骨との間にある円板状の軟骨を椎間板と言います。

 

椎間板性腰痛は、椎間板が変性することによって炎症し、痛みを誘発する神経物質を産出することによって起こります。

 

椎間板の変性とは言っても、潰れた椎間板が後ろに飛び出して脊髄を圧迫する「椎間板ヘルニア」とは別のものになります。

 

―――特徴―――

・痛みの場所がハッキリしない深部で重苦しい。

・痛みが腰の左右両方もしくは真ん中に出る。

・前かがみになろうとすると痛みが出る。

・お尻や大腿部の外側、鼠径部に関連痛を伴う。

 

―――治療―――

椎間板変性が起きている部位周辺にある、背中の圧痛部位へ鍼を刺します。

 

この際、痛みの出ている箇所に鍼特有のひびき感を感じますが、これはしっかりと狙ったところに鍼が届いている証拠なので、心配はありません。

 

「鍼灸院はりもぐら」では、鍼灸治療と整体を組み合わせることにより、痛みの除去とカラダのバランス調整を行い、あなたをしっかりサポートさせていただきます(^^)

 

http://www.k-harimogura.com/

 

次回のコラムは、「原因不明の腰痛④」(仙腸関節性腰痛です。

 

―――前回のコラム―――

「原因不明の腰痛②」(椎間関節性腰痛)

 

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1971/7412/

鍼灸院はりもぐらの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典