鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区三田の鍼灸院|鍼灸院はりもぐら

  • 注目
  • 田町駅・三田駅・赤羽橋駅からのマルチアクセスが可能

投稿コラム

一覧に戻る

「こんなことから肩こりに!パート1」(パソコン)

投稿日:2016/10/20

こんにちは、「鍼灸院はりもぐら」 院長 石井健士です!

 

コラム「肩こり」、第5回は「こんなことから肩こりに!パート1」です。

 

今回は、「パソコン」が原因となって起こる「肩こり」についてご紹介します。

 

現在では仕事だけではなく、プライベートでも多くの方が使うようになりました。

 

パソコンを使用の際に一番注意しなくてはいけないのは、「姿勢」です。

 

ノート型にしろ、デスクトップ型にしろ、集中すると自然と前のめりなってきてしまいがちです。

 

つまり、「猫背」の状態になってしまうのです。

 

「猫背」になると、頭が前に出てきてしまいます。

 

頭の重さは約5~7㎏、ボーリングの玉と同じ重さだと言われています。

 

11ポンドのボーリングの玉の重さで5㎏あります。

 

こんな重いものを首の筋肉だけで支えているのです!!

 

さらに悪いことに、キーボードやマウスを使用するために腕を前に出した状態が続きます。

 

これにより背中の筋肉を常に引っ張った状態が続き、負担をかけてしまいます。

 

肩が凝るのも仕方ないですよね。

 

しかも、最近はスマートフォンの普及により、電車の中でも下を向いてスマートフォンをいじっている方を多く見受けます。

 

パソコン作業中だけではなく、通勤・通学中でさえ首に負担をかけ続けているのです。

 

『でも、パソコンしないと仕事にならない!!』

 

そのためには、日頃から自分の姿勢を意識しましょう。

 

胸を張ることを意識するだけで、自然と姿勢は正しい位置へと戻ります。

 

その姿勢がつらい方は、胸の筋肉が縮こまっているので、ストレッチが必要になってきます。

 

両肘を背中の後ろでくっつけるようなイメージで後ろに引いてください。

 

胸の筋肉が伸ばされている感覚があるかと思います。

 

これを一時間に一回程度の間隔で行うことで、正しい姿勢を意識することができます。

 

肩こりでお困りの方は、是非お試しください。

 

正しい姿勢を取り戻すことは、慢性的な肩こりだけでなく、腰痛の改善にも必要不可欠です。

 

それでもなかなか改善しない場合は、治療院の受診をお勧めします。

 

「鍼灸院はりもぐら」では、治療だけではなくご自宅でできる簡単なストレッチもアドバイス致します!!

http://www.k-harimogura.com/

 

第6回のコラムは「こんなことから肩こりに!パート2」(季節)です。

 

―――前回のコラム―――

第4回 「その肩こり、身体の危険信号かも!パート3」

 

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1971/5825/

鍼灸院はりもぐらの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典