鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区三田の鍼灸院|鍼灸院はりもぐら

  • 注目
  • 田町駅・三田駅・赤羽橋駅からのマルチアクセスが可能

投稿コラム

一覧に戻る

「その肩こり、身体の危険信号かも!パート1」(五十肩)

投稿日:2016/10/05

こんにちは、「鍼灸院はりもぐら」 院長 石井健士です!

 

コラム「肩こり」第2回は「その肩こり、身体の危険信号かも!パート1」です。

 

ただの肩こりだと思っていたら、原因が「血行不良」以外にあることも!?

 

まず、よく耳にする症状として「五十肩」をご紹介します。

 

時には「四十肩」とも言いますが、実は同じ症状です。

 

最初は「肩こり」と同様に肩の重苦しさを感じます。

 

その後徐々に痛みを伴い、ついには肩を上げることさえ出来なくなります。

 

多くの方が、ここでやっと「五十肩」なのでは?

 

と、感じるようになります。

 

しかし、この「五十肩」というネーミングが厄介で、

 

『いやいや、私はまだまだ若い!』

 

『そんな年齢じゃない!』

 

というように、認めたがらずにそのまま放置してしまう方が結構います。

 

皆さん勘違いされやすいですが、40代、50代という年齢に症状が出やすいというだけで、若くして発症する方もいるのです。

 

●痛みで服を着ることさえおぼつかない。

 

●動かさなくても痛みが出る。

 

●夜寝ようと横になっても、痛みが出て眠れない。

 

このような症状が出る方は、「五十肩」の可能性が高いです!

 

整形外科での検査をお勧めします。

 

ここで注意!!

 

『五十肩だから仕方ない』などとは思わないでください。

 

確かに「五十肩」は放っておいても、やがては痛みが無くなります。

 

しかし、痛みが無くなるまで何も対処せずに放置すると、以前のように肩を自由に動かすことができなくなる可能性があります。

 

原因として、痛みにより長期間にわたって肩を動かさないでいたために、肩の関節自体が固まってしまうのです。

 

また、長期間使われなかった肩周りの筋肉がやせ衰えてしまうこともあります。

 

さらには身体のバランスが崩れて、姿勢も悪くなり、腰痛が出たり、足のむくみがひどくなったり、見た目が老けた印象に・・・

 

これでは、完治したとは言えませんよね?

 

そうならないためにも、早めに適切な治療を受けていただくことが必要です。

 

鍼灸治療は、「五十肩」による痛みを和らげ、治るまでの期間を短くするお手伝いが出来ます!

 

「五十肩」にお悩みの方は、ぜひ鍼灸治療をお試しください‼

 

「鍼灸院はりもぐら」は、全力でサポートさせていただきます。

http://www.k-harimogura.com/

 

第3回のコラムは、「その肩こり、身体の危険信号かも!パート2」(寝違え)です。

 

―――前回のコラム―――

第1回 「肩こり」って何?

https://www.shinq-compass.jp/salon/column/1971/5483/

鍼灸院はりもぐらの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典