鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市北区豊崎の鍼灸院|とよさき整骨院

投稿コラム

一覧に戻る

当院の美容鍼アプローチ(目の周り

投稿日:2018/06/11

目の周りのお悩みい対する当院のアプローチ

 

目の周りのお悩みに美容鍼で改善できるのは

 

 ・瞼のたるみ

 ・クマ

 ・目尻のシワ

 

 


 

瞼のたるみ

 当院では内出血を極力起こさないために、目の周辺に鍼をさすことはありません。

瞼のたるみの改善では、瞼と同じ筋肉である額にアプローチをすることで、瞼のたるみを改善させていきます。

 

目の下のクマ   

  黒グマ;目の下がたるみ影になっている状態

  青グマ;目の周りの血流が滞って青く見える状態

  茶グマ;色素沈着・角質肥厚などで茶色く見える状態

 

 

 

施術としては、瞼のたるみ同様、基本目の周りには鍼をささずクマに効果

があるとされる目周辺の経穴・筋肉にアプローチをしていきます。

ただ、茶グマで色素沈着が強い場合は、クマ部分に直接鍼をさす場合があります。

 

目尻のシワ

 シワに関しまして、お顔全体で指でシワ周辺を引っ張った時、消えるようなシワ

は、表皮から真皮層までの比較てき浅いシワと考えます。この浅いしわは乳液、保湿クリーム等で改善して来ます。 指で引っ張っても消えないシワは皮下組織層まで届く深いシワと考え、美容鍼の適応と考えます。

施術としましては、、こめかみ部分にあるとされる目に効く経穴を使用します。

 

 

 

*これら目の周りのお悩みでは、内出血のリスクを軽減させえるために直接お悩み部分へのアプローチが出来にくい状況にあります。ですので、筋肉の厚い部分への施術となるリフトアップやほうれい線などのお悩みよりも効果は遅れて現れてきます。5回、中には10回程度受けられて初回と比べると改善してると感じて頂けるくらいとお考えください。

とよさき整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典