鍼灸・美容鍼灸なら東京都多摩市鶴牧の鍼灸院|はり灸治療院クオーレ

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 丁寧な問診と施術のために1日6人を上限としています

投稿コラム

一覧に戻る

◆更年期【腎】の養生の仕方◆

投稿日:2017/12/26

こんにちは。

はり灸治療院クオーレ 鍼灸師のあべまつです。

 

前回の続きです。

更年期とは東洋医学の考えでは「腎気の衰え」と考えられています。

腎とは陰陽の根本であり、陰陽のバランスをコントロールするものです。

(陰陽とは簡単に言え自律神経のことですね。かなりざっくりですが。)

この腎の機能低下で陰陽のバランスが崩れ、のぼせや発汗(ホットフラッシュ)、冷えなどを引き起こします。

 

さて腎の養生の仕方ですが、腎というのは寒さにとても弱いんです。

身体を寒さから守る、身体を中から温めるということが大切になってきます。

身体を冷やすような砂糖たっぷりバターたっぷりのお菓子はもちろんNGです。

反対に発酵食品、つまり味噌や醤油、甘酒、日本酒なんかはとてもいいんです。

これらの質にこだわって毎日摂るようにするとベターです。

シナモンやショウガ、肉類も身体を温めます。

バランスのいい、その時期にあった食事、そしてそれを継続することが大事です。

 

もうひとつ。腎は体内に余分な水分があるとうまく働くことができません。

適度に水分をとり、きちんと排泄することも大事です。

脚がむくんでいるという方、水分がうまく排泄できていないかもしれません。

以前にむくみ対策の記事も書いたので興味ある方は是非読んでみてください。

 

ホルモンバランスの変化でイライラしたり憂鬱になったり、精神状態が不安定になることも多いです。

これは東洋医学でいうと「肝」「心」と関わりが深いものです。

ちょっと長くなったので「肝」「心」の養生の仕方はまた近いうちに書きたいと思います。

今日はとりあえずここまで!

はり灸治療院クオーレの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典