鍼灸・美容鍼灸なら東京都国分寺市本町の鍼灸院|弘子はりきゅう治療室

  • 注目
  • 人生経験豊富な女性鍼灸師にお任せください。

投稿コラム

一覧に戻る

内臓の位置は姿勢にも影響する!

投稿日:2017/01/26

前回、お腹が冷たいお話をしました。

今回はお腹の軽さについて。

施術の後お帰りの際に、「姿勢が良くなった」「背筋が伸びた」「背が高くなった」と人それぞれの感想を伝えて頂いています。(ありがとうございます)

「お腹が軽くなった感じがしませんか?」と尋ねると、皆さん「ああ、そうね!」と頷かれます。

これは、内臓下垂の治療をしたので、内臓が元の位置に戻ったため。お腹が軽く感じられるのです。

内臓も腹筋や腹圧が弱くなると、身体の外見と同様にお腹の中で引力に逆らわず下垂していきます。

下腹ぽっこりは贅肉のせいもあるけれど、内臓が下垂しているのも一因です。

PC作業で背中を丸めて顎を出した姿勢が続くと、目は疲れる、頸肩背中が凝る、頭痛もする、そして腹圧も意識出来ずにいるので内臓は下がる一方です。

こんな状態で身体は固まっている状態。鎧を装着したかのようです。

頸肩背中の凝りの原因の対処と一緒に内臓の位置も整えるので、鎧は外れます。自然と身体は真っ直ぐに戻ります。

元に戻っただけなんです!! 良くなった!伸びた!高くなった!訳ではないのです。

気付かぬストレスが身体に纏わりついて身体を縮めさせたいたということですね。

当治療室は元のご自身の状態(健康)に戻すお手伝いを鍼灸でしています。

 

 

 

弘子はりきゅう治療室の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報