鍼灸・美容鍼灸なら兵庫県宝塚市泉町の鍼灸院|紅露養生院【鍼灸(はりきゅう)専門】

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 専門分野を追求するはり専門の鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

頭痛・偏頭痛の方に知って欲しい原因と治療法②

投稿日:2018/06/06

前回までの記事はこちら

 

頭痛・偏頭痛を改善したい方に読んで欲しいコラム

 

頭痛・偏頭痛の方に知って欲しい原因と治療法①

 

 

【頭痛・偏頭痛の主な原因②】

 

3⃣子宮循環の乱れ

 

 

生理周期の乱れや月経量の過不足、PMS・生理痛の有無など、子宮循環の影響は頭痛に大きく影響します。

 

4⃣目の疲れ

 

 

目の疲れは後頭部と首の緊張が深く関係し、頭痛を容易に引き起こす原因になります。

 

 

【子宮循環・目の疲れの改善に対する治療方針】

 

2⃣子宮循環・目の疲れの改善

 

 

子宮循環は全身の血流に大きく影響します。頭痛は、前頭部とコメカミに出現しやすく、これは子宮循環の目安になるお腹が前側にあることが、挙げられると考えます。

 

逆に目の疲れによる頭痛は後頭部に出ることが多く、首の付け根の細かい観察が必要です。

 

眉間に出る場合もよく見られますが、原因は首の後ろにあり、足の指の緊張が強い方にも多い印象です。普段足趾の反り癖がついているような方は、足趾に頭痛の原因があるのかもしれません。

 

【最後に】

 

3回に渡って当院の頭痛・偏頭痛に対する見解と治療方針について、書いてきました。
参考になる点はありましたでしょうか?

 

頭痛薬は、日本の薬局で一番多く売れているお薬です。

 

慢性頭痛は精神的、心理要因が引き金になっていることが多いので、単なる鎮痛だけでなく同時に精神安定剤、筋弛緩剤が併用されます。

頭痛の回数を減らす目的で、抗うつ薬を継続して内服することも。

又、血管収縮剤や神経伝達物質であるセロトニンが頭痛に関係していると考えられているので、各種のトリプタン系薬剤が頭痛の治療薬として処方されます。

 

 

病院で「治らない」と言われても、それは「クスリでは治りません」という意味で、「医学で治りません」という訳ではないんです。

 

諦める必要は決してありません。

 

鎮痛剤を少しずつ手放していく勇気と覚悟が必要になりますが、本当の原因をあなたの身体から見つけ出し、「治るかもしれない」という道筋を示すことが鍼灸院の最初の仕事であると考えます。

 

当院があなたとご縁を頂けた際は、ゆっくりと確実にあなたの手を引いていけるよう、最善を尽くすことをお約束致します。

 

【突発性難聴・耳鳴り症状のLINE予約はこちら】

https://line.me/R/ti/p/%40qgf2638h

 

http://koro-yojoin.com/

 

紅露養生院【鍼灸(はりきゅう)専門】の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典