鍼灸・美容鍼灸なら兵庫県神戸市東灘区住吉本町の鍼灸院|輝鍼灸院

  • 他の鍼灸院や整骨院を探すのはこれで最後です。

投稿コラム

一覧に戻る

不正性器出血について

投稿日:2017/12/13

不正性器出血は、不規則な性器出血のことで、中医学では「崩漏(ぼうろう)」といいます。

崩漏も中医学ではいくつかのタイプに分類します。

 

1.腎陰虚の崩漏

腎は生殖能力との関係が深く、当然性器とも大きく関わります。

その腎の陰が不足することによって起こる崩漏です。

特徴としては、

・多量の不正性器出血、あるいは持続性の性器出血。

・出血は鮮紅あるいは紫紅で粘りが強く、時に血塊を伴う。

・腰や膝がだるく力が入りにくい。

・めまい、耳鳴り、手足のほてり。

・口が乾燥するが、あまり水は飲みたくない。

などの症状を伴います。

 

2.腎陽虚の崩漏

1の腎陰虚は腎の陰が不足した状態ですが、腎陽虚は腎の陽が不足した状態です。

特徴としては、

・多量の不正性器出血、あるいは持続性の性器出血。

・出血は淡紅色でサラサラとしており、血塊は伴わない。

・寒がり、手足が冷えやすい。

・肥満傾向。

・腰痛。

などの症状を伴います。

 

3.脾気虚の崩漏

エネルギーを作り出す源である胃腸が弱り、エネルギーが作り出せない状態です。

特徴としては、

・多量の不正性器出血、あるいは持続性の性器出血。

・出血は淡い色でサラサラとしている。

・顔がむくみ、元気がなく、食欲がない。

・下腹部の下墜感、軟便。

などの症状を伴います。

 

4.血瘀の崩漏

流れるべき血が滞り、悪い血の塊となって体内に残っているものを血瘀といいます。

その血瘀が原因となり、崩漏を引き起こすこともあります。

特徴としては、

・多量の不正性器出血、あるいは持続性の性器出血。

・出血は暗い紫色で血塊を伴う。

・下腹部には疼痛と圧痛。

・血塊を排出すると疼痛が軽減する。

などの症状を伴います。

 

同じ崩漏でも、これだけの分類があります。

それぞれ特徴的な症状を伴いますが、ご自身に当てはまるものがありますでしょうか?

不正性器出血でお困りでしたら、いつでもご相談下さい。

 

 

 

輝鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典