鍼灸・美容鍼灸なら埼玉県さいたま市緑区東浦和の鍼灸院|東浦和たんぽぽ鍼灸院

  • 注目
  • インディバと鍼灸を使用した女性鍼灸師の子宝鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

いびきは鍼灸でケアしていきましょう

投稿日:2017/06/21

「最近ご主人に、「いびき」を指摘されて恥ずかしかった。」

というお客様がいらっしゃいました。

 

いびきは

・ストレス・タバコ・鼻づまり・口呼吸・ホルモンバランスの乱れ・肥満などによって、

舌筋群の働きが落ちて、空気の通り道がふさがれ、

空気が通るときに振動が大きくなり音が出てしまい、

起こります。

 

 

ゴゴ~!という音で、パチッと目が覚めた。

なんてこともよくありますよね。

 

いびきで悩まれているお客様のお顔を見せていただくと

「咬筋」・・かみしめる筋肉

「舌骨筋群」・・あごの下の筋肉。のどぼとけを上げ下げする。

「鼻筋」・・・鼻の横の筋肉

の、3つの筋肉が固くなっていることがわかります。

 

これらの3つの筋肉を、鍼灸によってゆるませていくことで

気道の通り道が広くなり、

息が吸いやすくなり

いびきも軽減できました!とのご報告をいただきました☆

 

睡眠時無呼吸症候群などにも発展する「いびき」

睡眠時無呼吸症候群になると、脳への酸素供給が低下し、

突然死の原因となったり、集中力が落ちて、運転や仕事の効率が下がったり

保険の対象外になるなど、様々なリスクが大きくなります。

 

ダイエットなどで、身体の状態を整えるとともに、

硬くなったいびきの原因となる筋肉を優しく緩めていくこともおススメです。

 

日常では

パソコン作業・スマホを見るときなどに、歯が触れ合ってかみしめている状態じゃないか

同じ姿勢が長く続いて、筋肉がカチコチに固まっていないか

等をチェックして、

リラックスの深呼吸や気分転換などを上手に挟んで乗り切りましょう!

 

今日も素晴らしい一日を!!

 

 

東浦和たんぽぽ鍼灸院 山口

 

 

東浦和たんぽぽ鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典