鍼灸・美容鍼灸なら東京都港区西新橋の鍼灸院|はりいち治療院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 鍼灸・整体・カイロプラクティックを含めた施術です。

投稿コラム

一覧に戻る

気血水の異常と鍼灸

投稿日:2018/07/12

こんにちは、はりいち治療院です。

 

前回「東洋医学の気血水」とはというコラムを上げさせて頂きました。

この「気血水」が全身をうまくめぐる事で身体の状態が健康に保たれると言われているのです。

 

 

しかしこれらに過不足が生じたり流れや滞りが生じると病的な状態が発生してしまいます。

人によってどれが不足して、滞りがあるのかは違いますのでこちらを参考にしてご自身に当てはまっているかを鑑別できればと思います。

 

 

①気の過不足、滞り

 

・気虚

気の不足によるものです。

疲労感、声に力がない、息切れなど元気が失われてる状態です。

 

 

・気滞

気の流れが停滞することによって起こる状態です。

感情の抑うつ、飲食の不摂生などによって引き起こされやすくなります。

 

 

②血の過不足、滞り

 

・血虚

血の不足で巡らせる働きが低下した状態です。

顔が青白い、唇やつめの色が薄い、ふらふらしやすい、不眠、手足のしびれなどが起こりやすくなります。

 

・血瘀(けつお)

血瘀はお身体の血の流れが滞った時です。

痛みや腫れ、出血、皮膚が紫色になるチアノーゼなどになりやすくなります。

生理痛がひどい方はこのタイプが当てはまる事があるかもしれません。

 

 

③水の過不足、滞り

 

 

・水の不足

大量の発汗や飲酒などによるおう吐など、お身体の水分が不足して脱水症状になる状態で

口やのど、皮膚の乾燥、尿量の減少、便秘などがあげられます。

特に今この夏の暑い時期には多いかもしれませんね。

 

 

・水液停滞

こちらは逆に水が停滞した状態です。

余分な水分がお身体の中に蓄積することでむくみなどの症状を引き起こしやすくなります。

 

 

いかがでしたか?あなたはどのタイプに当てはまりやすかったでしょうか?

気血水の異常は鍼灸治療で改善することが可能です。

夏の暑い時期、体調がすぐれない方はぜひご相談下さい。

 

はりいち治療院
03-6457-9676
:http://www.hariichi.jp(こちらからネット予約も可能です)

 

はりいち治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典