鍼灸・美容鍼灸なら熊本県熊本市中央区本荘の鍼灸院|ひがし鍼灸整骨院

  • クーポン発行店舗
  • 自律神経症状と美容鍼は、おまかせください!

投稿コラム

一覧に戻る

睡眠と美容

投稿日:2018/04/12

睡眠が不足すると、美容に悪く、しわやたるみの原因になります。

体の表面にある角質層は、表皮の一番下にある基底層がだんだんと上に押し上げられて、角化したものです。通常28日周期で起こるこの皮膚の代謝は、皮膚のターンオーバーと言われます。ターンオーバーは、内臓の表面でも起こっていて、内臓の場合は1日周期だと言われています。

角化した細胞は、死んだ細胞で最終的には皮膚から剥がれ落ちていきます。

ここで、重要なのは、老化が進むと基底層→角質の一連のターンーオーバーが遅くなります。

とくに、基底層にある細胞がしっかり成長しないとターンオーバーも順調にいかなくなります。

細胞の成長に必要なホルモンに成長ホルモンがあります。

子供の場合は、軟骨などに成長ホルモンが作用することで身長が伸びます。

大人には、成長するための軟骨がないため、身長は伸びませんが、細胞を育たるために成長ホルモンが脳から放出されています。

寝る子は、育つというように、成長ホルモンが出るのは就寝時です。

しかも、質の良い睡眠をとることでしっかり成長ホルモンが放出されて肌に必要な細胞の成長を促すことができます。

その結果新しい、細胞が作られてターンオーバーも順調に行われるようになります。

そのため、質の良い睡眠は美容にはかなり重要です。

【質の良い睡眠をとるための3つのチェックポイント】

・就寝の1時間前はスマホやPC、テレビを見ない

光の刺激を睡眠前に目に入れると脳が活性化されたり、自律神経の上でも活動状態になるので眠れない、途中で目が覚めるなどの原因になり、質の良い睡眠が取りづらくなります。

 

・就寝前はお風呂につかる

お風呂につかることで、就寝時の体温を下げることができます。お風呂で温まると、一旦、体温は上昇しますが、その後は逆に皮膚の毛細血管が開いて熱を外に逃がそうとする作用が働きます。それによって、体温が落ちます。また、就寝時の体温は低いほうが眠りには有効です。

 

・午前中は、外を散歩する

人間の体には、体内時計があります。脳の中に松果体というホルモンがあり、そこからメラトニンというホルモンが放出されることで眠ることができるようになります。このメラトニンの放出が、行われるためには日光を浴びる必要があります。夜、むずむずして眠れない方などは日光に当たることが少ないかもしれません。午前中の少し、涼しいときに散歩をしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、良い睡眠のための3つのチェックポイントでした。

良質な睡眠をとって美しい肌を手に入れてくださいね(^_^)

ひがし鍼灸整骨院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典