鍼灸・美容鍼灸なら東京都渋谷区恵比寿南の鍼灸院|コスモ治療院

投稿コラム

一覧に戻る

ため息で知る身体の不調

投稿日:2018/04/15

こんにちはコスモ治療院です。

今日は「ため息」についてご紹介します。

 
ため息はどのような時につきますか?
疲れたとき、不安なことがあるとき、ひと段落したとき…
たくさんありますよね。
 
よく「ため息をついたら幸せが逃げる」なんて言われていますが、
実はため息は身体からの不調を知らせるサインなのです。
 
中医学ではため息は「太息(たいそく)」と言います。
 
身体の気の巡りが滞っているため、
大きく息を吐くことで気の巡りを良くしようとするために、ため息をつきます。
 
 
このため息にも色々ありまして、
 
①胸が苦しいときにため息をつくと楽になるもの
 
②頻繁にため息が出て倦怠無力感を伴うもの
 
 
の上記2種類があり、
 
① の状態を『肝気鬱滞』と言います。
 
・なんとなく憂鬱
・イライラ...
・胸や脇が張ったような痛みがする
・月経不順
 
などの身体の不調が見られることが多いですね。
1つのサインとして舌の裏が紫色に変化していることが多いので、当てはまると感じた方は鏡で見てみましょう。
 
 
続いて②の状態を紹介しますが、
 
②は『気虚』と言いまして、
 
・最近元気がでない
・無気力
・息切れする
・食欲不振気味
・風邪を引きやすい
 
などの身体の不調が見られます。
こちらは舌表面が白色に変化していることが多いですね。
 
 皆さんの舌の色はいかがでしたか?
理想の舌は薄ピンク色ですので、是非確認してみてくださいね。
 
 
「最近ため息が増えた気がする...」と感じる方へ
 
最初にも言いましたが、ため息は『身体からの不調を訴えるサイン』です。
仕事や悩み・ストレスなど、ため息をついてしまう原因があるわけですから休日は心と体を休ませる日を1日でもいいのでつくってあげてくださいね。
もちろん、鍼灸治療もおすすめですよ。

 

コスモ治療院
東京都渋谷区恵比寿南2-3-15 インペリアルビル5階
TEL 0337945565

コスモ治療院 別館
東京都渋谷区恵比寿南2-3-11 グレース青山2階
TEL 0357253317

コスモ治療院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典