鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 他院で鍼灸治療を受けても改善しなかった方限定

投稿コラム

一覧に戻る

【眼球の痛みの応急処置法】

投稿日:2016/10/03

こんにちは。

 

東京都江東区で唯一の、耳鳴り・突発性難聴専門 斉藤鍼灸院です。

 

眼球の痛みを訴える方は多いです。頭痛や眼精疲労、緑内障など、病気の症状の一つとして表れる眼球の痛みもありますが、とくに原因もなく眼球が痛くなることがあります。

 

パソコン作業ができなくなったり、電気スタンドの光が痛かったり、目薬をさしても治らない。

 

そんなことが結構あります。

もちろん、眼科にいっても異常なし。

 

 

そんなお悩みで、当院に起こしになる方も多いです。

 

そんなあなたのために、今日は眼球の痛みの応急処置方をお伝えします。

 

 

両手の親指の、第一関節。ちょうど関節のくぼみで、指を握るとへこんでいます。

「大骨空(だいこっくう)」というツボ。

 

指を握った状態で、このツボにお灸をすえます。せんねん灸でも大丈夫です。

 

このツボにお灸をすえると、不思議と眼球の痛みは軽くなってきます。

僕自身の経験では、お灸をすえた直後から軽くなってきます。

 

もちろん、眼球の痛みの根本治療は、やはり身体全体の治療が必要です。

 

あくまでも、これは応急処置です。

 

眼球の痛みでお困りの方は、是非お試しください。

 

 

突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典