鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 他院で鍼灸治療を受けても改善しなかった方限定

投稿コラム

一覧に戻る

神経が高ぶって眠れないときは

投稿日:2018/09/20

 突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院です。

 

 

 

 耳鳴りや難聴で苦しむ患者さんは、不眠を訴える方が大勢います。

 

 

寝付けない、途中で目覚める、寝るのが怖い(朝起きたとき聞こえなかったらどうしようと思うらしい)など、

 

 

睡眠の苦痛は精神的なダメージが大きいものです。

 

 

なぜ、不眠が起きるのか。

 

 

その原因としていえるのが、交感神経の過剰興奮です。

 

 

図引用 https://nyanyamaru.com

 

 交感神経は日中活動するために活発に働く神経です。本来、夜間などリラックスすべき状況では交感神経は抑制され、副交感神経が優位に働きます。

 

 

 

しかし、耳鳴りや難聴患者さんはストレスによって頭蓋骨がゆがみ、自律神経のバランスが崩れていることが多いです。

 

 

自律神経の乱れ、多くは交感神経の過剰亢進ですが、その状態では夜間でも目がギンギンに冴えて眠れません。

 

 

無理に眠ろうとして布団に入っても寝つけないから、余計にイライラして眠れない。

 

 

その悪循環です。

 

 

 

眠れないことへのストレス開放のため、睡眠導入剤などを飲みますが、それでも効果がない人が多いです。

 

 

むしろ、頭蓋骨の歪みから交感神経の過剰亢進が起きているのに、薬で強制的に副交感神経を過剰亢進させれば、かえって自律神経のバランスは乱れます。

 

 

 

ですので、不眠だからと言って無理に薬で眠ることはお勧めしません。

 

 

 

不眠の原因となっている交感神経の亢進を抑制してあげる必要があります。

 

 

 

では、セルフケアでどうやって交感神経の亢進を抑制させるのか。

 

 

 

 

 

セルフケアとして簡単に行える方法として、交感神経の根本を圧迫する手技があります。

 

「椎前神経節抑制テクニック」と難しい名前がありますが、

 

要は交感神経の根本を圧迫すると交感神経の亢進を抑え、リラックスすることができるというもの。

 

 

 

場所は、おなかにあります。

 

 

写真黒線が正中線。おへそとみぞおちを結んだラインですね。

 

 

その黒線から指の横幅1本分、左にずれた赤線のラインは、太い動脈が通っています。

 

 

その赤線の上の赤丸部分に、交感神経の根本があります。

 

 

仰向けに寝て、手で赤丸部分を指圧してみましょう。

 

 

場所はずれても構いません。赤線上であれば、まあまあ効果はあります。

 

 

呼吸に合わせ、息を吐くときにゆっくり指圧します。指圧というよりも、内臓を押す感じで手を体の中に沈みこませます。

 

 

 

交感神経の亢進の場合、触っている部分の動脈が激しく動悸しています(男性はわかりづらい)。

 

 

 〇の部分を一呼吸分圧迫し、それを3か所やります。位置はだいたいで結構です。

 

 

ゆっくり押し込むと、自然と交感神経は抑制されて気持ちが落ち着きやすくなります。

 

 

すると副交感神経が優位になるので、眠りやすくなるはずです。

 

 

 

あまり深く考えず、まずはやってみましょう。

 

 

 

おやすみなさい。

突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典