鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|片耳難聴専門 さいとう難聴鍼灸院

  • 注目
  • 他院で鍼灸治療を受けても改善しなかった方限定

投稿コラム

一覧に戻る

高気圧酸素療法の目的

投稿日:2018/07/04

こんにちは。

 

日本最高水準の耳鼻科・神尾記念病院で治らなった患者が当院に来院することから、「営業妨害」だと妬みのクレームが来る難聴専門鍼灸院。 

 

 突発性難聴専門 斉藤鍼灸院です。

 

 

 

突発性難聴と耳鼻科で診断され、入院によるステロイド点滴やビタミン剤、血流改善薬などを処方され、それでも目立った効果が出ない場合、大病院では高気圧酸素療法を行うことがあります。

 

 

 

高気圧酸素療法に関して、患者さんは中耳炎などのリスクの説明は受ける一方、そもそもなぜ高気圧酸素療法が必要なのかという、仕組みそのものの説明を受けずに選択することがあります。

 

 

 

今回は、高気圧酸素療法の仕組みをご説明します。

 

 

 

 

 難聴には、伝音性難聴と感音性難聴の2種類があります。

 

 

図引用 http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200910/homeclinic.html

 

 

 

このうち、高気圧酸素療法の適応となるのは感音性難聴です。

 

 

 

 

 感音性難聴は、音を感じ取る内耳、電気信号の伝導路の聴神経、音を認識する脳、のどこかに異常があることによる難聴です。

 

 

とくに鍼灸院に多く来院するのは、内耳に異常が起きている感音性難聴です。

 

 

 図引用  http://morimoto-ent.jp/doctorblog/839.html

 

 

 

内耳の蝸牛には有毛細胞があり、これが音波の振動を電気信号に変換するという役目を持ちます。

 

 

有毛細胞が何らかの原因で衰弱し、電気信号に変換できなくなると難聴になります。

 

 

ですから、内耳に異常がある感音性難聴の治療とは、この弱った有毛細胞を元気にさせることを目的に行います。

 

 

 

では、なにが原因で有毛細胞が衰弱してしまうのか。

 

 

 

 

 突発性難聴に代表されるように、感音性難聴の詳しい原因はまだ不明な点が多くありますが、有力な説は有毛細胞の酸欠です。

 

 

細胞は酸素を分解する際にエネルギーを取り出す仕組み(クエン酸回路)をもっていますが、この有毛細胞への酸欠によってエネルギー不足になり、衰弱してしまうという考えです。

 

 

図引用 https://www.widexjp.co.jp/deafness/what/decline.html

 

 

 

 

ですから、衰弱した有毛細胞を元気にさせるには、エネルギーの元である酸素をいかに多く届けるかということが重要になってきます。

 

 

 

 その酸素供給の手段の一つに、高気圧酸素療法があります。

 

 

 

 通常の大気圧よりも高い気圧の特別室に入り、そこで酸素を吸うことによって、より効率的に酸素が血液の赤血球と結びついて内耳の有毛細胞に運ばれるという仕組みです。

 

 

美容やけがの回復にも酸素カプセルが使われますが、それをもっと大規模にしたようなものだと思ってください。

 

 

 

ここで注意すべきなのは、大気圧よりも高い気圧をかけるということは、水中に潜っているのと同じ状態になるということです。

 

 

 

唾をのむと中耳の耳管が開き、大気圧と中耳内圧を一定に保ちます。

 

 

 

 

しかし、慢性的な副鼻腔炎や耳管狭窄症などの人は、中耳の換気がうまくいかずに大気圧よりも低い圧になっていることがあります。

 

 

 

そのため、高気圧酸素療法によって大気圧以上の圧がかかると、鼓膜を中耳側に押す力が強くなって鼓膜を損傷したり、中耳炎になる危険性があります。

 

 

 

ですから、高気圧酸素療法を行う際は、潜水の耳抜きがちゃんとできるかどうか、また耳に痛みを感じたらすぐにやめるなどの対処が必要です。

 

 

 

理論上、高気圧酸素療法を行えば、有毛細胞の修復に必要な酸素が多く届くのだから難聴の改善に効果的ですが、

 

 

 

ではなぜそれを行っても難聴が改善しないのか。

 

 

 

いろいろ原因は考えられますが、そもそも有毛細胞が酸素を受け取れないほど衰弱している場合、残念ながら高気圧酸素療法を行っても望みは薄いです。

 

 

 

ですから、治療とは単にやればいいというものではなく、その目的や体の状態をきちんと見なければいけないのです。

片耳難聴専門 さいとう難聴鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典