鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門鍼灸院 斉藤鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • どこに行っても改善しない突発性難聴限定

投稿コラム

一覧に戻る

住吉接骨院はり・きゅう院は、誰のための、何の専門家?⑳ 梅雨時の頭痛で毎日憂鬱なあなたへ

投稿日:2016/06/28

テーマ:
おはようございます。
 
住吉接骨院はり・きゅう院です。
梅雨真っ盛りですね。今朝の東京も雨が降りしきっています。少し肌寒く感じます。
 
 
梅雨時になると、体調不良がひどくなる方は多いですね。胃腸不良、頭痛、体のだるさ、やる気がでない…そんな方も多いはず。
 
とくに頭痛は、なにもやる気が起きなくなるので、なかなか厄介な症状です。
 
どうして梅雨時になると頭痛が起きるのか知りたいあなた。
 
梅雨時の頭痛から解放されたいあなた。
 
そんなあなたへ。
 
「住吉接骨院はり・きゅう院は、梅雨時の頭痛で苦しむあなたのための、頭痛から解放し日常生活をアクティブに過ごせるように鍼灸で手助けする専門家です。あなたは頭痛薬を手放すことができ、頭の回転も速くなり、笑顔になれます」
 
 
梅雨時の頭痛は、刺すような痛みではなく、頭全体が重だるいような、帽子を被ったような重い頭痛がおきます。この原因は湿気です。
 
湿気は気候としての湿度のほかに、胃腸の弱さからくる体内の湿気の影響もあります。湿気は東洋医学では「湿邪(しつじゃ)」といい、血液の流れを滞らせる原因です。湿気が頭に溜まると、帽子を被ったような重だるい頭痛が起きます。
 
湿気は胃腸を弱らせ、体内がむくむと、さらに湿気が生まれるという悪循環になります。転機が悪いと頭痛が悪化する人も、湿気が原因です。
湿気が原因で体調不良が起きるタイプの舌。
 
 
 
湿気による頭痛の痛みをとるには、体の外に湿気を追い出すことが必要です。そのためには、
 
①体を温めて汗をかくこと
 
②生もの、冷たい食事、脂っこいものや甘いものを控える
 
③利尿作用のあるお茶など飲んで、新陳代謝をあげる
 
 
体に溜まった余分な水分が原因の頭痛ですので、これらの対策で水分の排泄を促進させ、頭痛とおさらばしましょう。

 

湿気が原因で体調不良が起きるタイプの舌。



湿気による頭痛の痛みをとるには、体の外に湿気を追い出すことが必要です。そのためには、

①体を温めて汗をかくこと

②生もの、冷たい食事、脂っこいものや甘いものを控える

③利尿作用のあるお茶など飲んで、新陳代謝をあげる


体に溜まった余分な水分が原因の頭痛ですので、これらの対策で水分の排泄を促進させ、頭痛とおさらばしましょう。
 
突発性難聴専門鍼灸院 斉藤鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}