鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門鍼灸院 斉藤鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • どこに行っても改善しない突発性難聴限定

投稿コラム

一覧に戻る

春が眠くなる理由

投稿日:2016/04/05

東京は暖かくなったと思ったら、今朝は小雨で寒かったです。せっかくのお花見シーズンですが、この雨と風で散ってしまうのではないでしょうか。

 

さて、「春眠暁を覚えず」とあるように、春は眠くなりますね。春は「木の芽時」ともいわれ、自律神経の機能が乱れ、睡眠のリズムが狂ったり、ホルモンバランスの影響からどうしても生活のリズムは狂いがち。

新生活で緊張している間はまだしも、少し余裕のできる5月が、どっと負担がかかります。

 

人間には、「肝・心・脾・肺・腎」の五臓があります。春は特に「肝」の機能が乱れる時期です。「肝」は肝臓の解毒作用以外にも、精神の安定にも関係しています。新生活でのストレスや、ホルモンバランスの乱れから自律神経が興奮状態になると、肝の機能も乱れ、睡眠にも影響が現れます。

 

また、とくに高齢者は冬の間のエネルギー不足を、太陽熱で補おうとします。消化吸収力が衰えた高齢者は、日光浴をすることで体温を上げ、体力回復に努めます。当然、温まればリラックスし、さらに眠くなりますね。

 

 首の付け根は体温を調節するツボがあるため、ここにお灸を据えると免疫力があがる。

 

 

また、若い人でも、食後の猛烈な睡魔は消化器系が弱っていることを表します。消化に血液を使ってしまうため、脳が軽い貧血状態となり、眠くなります。このタイプの方は、胃腸が冷えていることがほとんどです。

 

へそ周囲をお灸で温めることで、消化器系を強くし、効率的に吸収できるようにする。

 

睡眠は、寝る時間の長さよりも、眠りの質のほうが大切です。あまり時間の長さにとらわれないようにしましょう。

 

突発性難聴専門鍼灸院 斉藤鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}