鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院

  • 注目
  • 発症後2週間以上経過した突難専門鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

鼻づまりの治し方① お灸のツボ治療法 

投稿日:2016/03/03

花粉症のこの時期、鼻づまりで苦労する方も多いことでしょう。

鼻詰まりのせいで夜も眠れない、人前に出るのが恥ずかしい、なんだか外出が億劫だ…。あなたは、こんな悩みはありませんか?

鼻詰まりは、やり方さえ知っていれば、誰でもすぐに解消させることができます。もちろん対処療法ですので、根本的な治療には鍼灸院に通院する必要があります。しかし、今回お伝えする方法を知っていれば、とりあえず自分で対処することができます。

今回は、鼻詰まりのお灸によるセルフケアの方法をご紹介します。

使用する道具は、「せんねん灸」です。しんきゅうコンパスのサイトをご覧になっているあなたなら、きっとせんねん灸のことはご存じだろうと思います。ドラッグストアやネット通販で簡単に購入することができます。

 お灸の温度は、最初は低いものを使用しましょう。

使うツボは、「迎香(げいこう)」です。

ネッや本などには、よく迎香は「小鼻の脇」だとか、「鼻の穴の横のくぼみ」などと表現されます。写真の✖印が一般的な迎香の位置です。

当院で使う迎香の位置は、写真赤丸〇部分です。

この赤丸部分を指圧すると、鼻の奥のほうにズーンとした響きが伝わります。効いてる証拠ですね。ここに先ほどのせんねん灸を据えます。

やけどしやすい位置ですので、温度調節に注意しましょう。熱すぎるとおもったら、我慢せずにはずしましょう。

鼻呼吸をしながら据えていると、次第に鼻の通りがよくなります。

大方、一回の治療で効果がありますので、ぜひお試し下さい。

 

 

 

 

突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典