鍼灸・美容鍼灸なら東京都江東区扇橋の鍼灸院|突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 発症後2週間以上経過した突難専門鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

脳血管障害は、鍼灸治療で予防ができますよ!

投稿日:2016/02/12

ちょっとしたことで、すぐちゃぶ台をひっくり返すお父さんにお困りのあなたへ。

何度検診をすすめても一向に聞く耳を持たない父に、あなたはいい加減うんざりしながらも、なんとかならないかとこのコラムを読んでいることでしょう。

 

そんなあなただけのために、とっておきの脳血管障害の予防法をご紹介します。

 

運動しなさいとか、あぶらっこい食事を控えましょう、とかではありませんよ。

 

脳血管障害は、脳梗塞や脳出血、脳血栓など、脳の血管関係の病気ですが、メタボと大きく関係していることはご存知ですね?

 

普通の医者は、食事や薬を処方して、当たるも八卦、脳血管障害になったら残念でした~という感じです。

 

ところが、鍼灸には、直接防ぐ方法があります。もちろん、100%では決してありません。しかし、考え方としては、かなりの予備軍を治療できるので、私としては国の医療費削減に相当協力しているという自負があります。

 

まず、下の写真を見てください。

 

首筋に、糸ミミズ状の赤い毛細血管が浮いていますね。

 

これは「細絡(さいらく)」といい、オ血(古血)が皮下に溜まっていることを表します。首筋は日焼けと間違えやすいですが、透明な定規で圧迫して、皮膚が白くなれば、相当オ血が溜まっています。

 

この細絡に刺絡(特殊な鍼を刺すこと)すると、オ血があふれ出てきます(下の写真)。

 

オ血は循環しなくなった古い血ですので、これが首筋に溜まっているということは、循環不良により、首の血圧が高いということです。ということは、脳に流れる血圧が高くなるので、加齢により脆くなった脳の血管は切れやすくなるということです。

 

首筋に細絡がある人は、注意が必要です。

 

では、どうやって鍼灸で予防するかというと、体質改善でオ血を減らせば、自然と血圧は下がるため、予防にはなります。しかし、それでは時間がかかりすぎます.

 

当院では、まず首筋のオ血を排出させます。

吸角で吸い出すと、大量のオ血が排出され、血圧は下がります。

 

吸った痕はこのようになるため、これを繰り返して首周囲のオ血が減れば、必然的にリスクは下がります。

 

また、直接脳内のオ血を除く方法もあります。

 

いや、開頭手術ではありません。

 

以下の写真をみてください。これは飛蚊症の治療ですが、同時に脳内のオ血も排出できるので、これもかなりオススメの方法です。

動画はこちら

このように、オ血をキーワードに体を診ていくと、今までと違った結果が現れます。すぐに薬に頼る前に、もっとやれることがないか、いろいろと考えていきましょう!わからなければ、コメントでもなんでもしてください。

 

※脳梗塞になったあとの治療法は、こちらのブログがおすすめです。院長の数少ない治療家友達です。

食と東洋医学で治療する池袋の鍼灸師の店
ココロとカラダの治療院。

 

突発性難聴専門 さいとう難聴鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}