鍼灸・美容鍼灸なら福岡県北九州市八幡西区町上津役西の鍼灸院|よつもと鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 西鉄町上津役バス停そばの鍼灸院

投稿コラム

一覧に戻る

顔面神経麻痺と鍼灸

投稿日:2016/09/10

顔面神経麻痺と鍼灸

 

顔面神経というのは脳のなかから体の方へ出てくる神経のうち、7番目の神経にあたり、

それは基本的に顔面の表情の筋肉を司ります。ですから顔面神経麻痺になると、

表情をうまく動かせなくなります。

 

その他

・ お顔に違和感がある

・ 水を飲もうとしたら、片方の口角から水が漏れこぼれてしまう

・ 口笛を吹く動作ができない

・ 前額(ひたい)のシワ、できかたが変(片方だけができない)

等等多彩な症状が出てきます。

 

顔面神経の障害された部位が脳内にある場合は「中枢性顔面神経麻痺」といい、

脳の外にある場合を「末梢性顔面神経麻痺」と言います。そして鍼灸がよく奏功するのは

末梢性顔面麻痺です。(この末梢性の場合は額にしわができないです)。

 

顔面神経と顔面神経麻痺に関しての詳細は他のコラムに譲ることとして、

ひとつだけ例示を...。

 

60代の女性で、

顔面神経麻痺(右)になってちょうど14日目に来られた方のお話し。

 

医療機関で末梢性顔面神経麻痺と診断されました。一週間以内には(顔には)何もしてはいけない

とのことで,内服のみ。自分でできるマッサージ方法を教わっています。

が、あまり改善はしていません。

 

初診時の私の(主観的な)評価は40点中10点でした。

ご自宅でのセルフケアとしてのお灸もお願いしながら、

2ヶ月間で都合18回施術しましたが、その後事情があって来院できなくなりました。

 

15回目に評価をしたときには40点中38点でした。

 

で、その後どうなったかは不明でしたが、

一年後他のことで再び来院されたときには、外見上、すっかり治っていました。

まだご本人には若干の違和感はあると言われてはいましたが...。

 

かつて、発症後かなり経過してから来院された方の顔面神経麻痺を

残念ながら改善させることができませんでした。

 

これに対して

・発症後、そんなに時間が経過していなかったこと、

・セルフケアとしてのお灸もしていただいていたこと

は治療経過にいい影響をあたえたのだと考えられます。

 

よつもと鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典