鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市中央区平野町の鍼灸院|A.T.長島治療院 北浜院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • トップアスリートに提供するクオリティを一般の方へ!

投稿コラム

一覧に戻る

シミの種類と対策法!

投稿日:2018/03/05

皆さんこんにちは!!長島治療院です(^O^)


3月に入り、一気に暖かくなりましたね!!


気温が上がると共に気になるのが、“紫外線”。


紫外線と言えば“シミ”ですよね(>_<)

特に女性の方はシミにならないように日焼け対策などをされてる方は多いのではないでしょうか?


また、最近CMなどで肝斑と言う言葉をよく耳するかと思いますが、シミやソバカス、肝斑の違いってご存知ですか?

今日はそれぞれのシミの特徴についてお話します(^^)


【シミの種類と特徴】

①老人性色素斑

 →いわゆる日焼け(紫外線)によってできるシミで、女性の方が気にしている大半のシミが、この老人性色素斑です。直径1~数cm
の丸い茶色いシミが頬骨あたりや身体にもできます。


②ソバカス(雀卵斑)

→遺伝性のシミで、老人性色素斑とよく似ていますが、若干特徴が異なります。

ソバカスは、10代からでき始め、鼻の付け根部分を中心に頬全体に散らばったような小さなシミがみられます。また、シミひとつひとつの形が丸ではなく、三角や四角い形をしています。


③肝斑

→老人性色素斑やソバカスと違い、太いはけでさっと塗ったように見えるものが肝斑です。

女性ホルモンのバランスが影響してできるもので、特に女性ホルモンが減少する30代後半から更年期にかけての時期や、妊娠中などに見られやすいです。


【これらのシミ対策】

それぞれのシミの原因、特徴は異なりますが、どれも紫外線の影響によってメラニン色素が蓄積され色はどんどん濃くなっていきます。

シミ対策としては日焼け対策ももちろん大切ですが、肌代謝を上げて肌のターンオーバーを促進し、蓄積されたメラニン色素を排出してあげる事も大切です!

肌代謝を促進するには鍼灸治療はすごく効果的です!!◎


なかなか薄くならないシミでお悩みの方、当院での美顔鍼を是非オススメします!!(๑˃̵ᴗ˂̵)♡

 

A.T.長島治療院 北浜院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典