鍼灸・美容鍼灸なら千葉県木更津市東太田の鍼灸院|一成堂きさらづ鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 不妊、自律神経症状なら一成堂きさらづ鍼灸院へ

投稿コラム

一覧に戻る

自律神経失調症の始まりは頚、肩のこり

投稿日:2017/10/19

頚や肩のこりや痛みは誰でも経験する今や国民病になっています。

頚、肩こり揉みほぐせば一時的に改善しますが2日~3日経つと
また症状が戻ってしまいます。

たかが頚、肩こりと思われる方も多いことと思われますが、実は身体の
バランスを内面から整えている自律神経が関係していることがあります。

自律神経は、交感神経と副交感神経からなり交感神経は興奮の神経、
副交感神経はリラックスの神経で生活の中で血管や内臓などの機能
のバランスをとっています。

ストレスや疲労が続くと脳は異常を感じ取り、近くにある自律神経
の元に信号が伝わり交感神経が興奮し頚、肩のこり痛みやめまい、
不安、動悸、息切れふらつき、不眠などの不快症状が現れてきます。

その中で首や肩のこりや痛みは自律神経と深く関係しています。

現代はネット社会日常生活においても、お仕事中でもスマホやパソコン
とにらめっこしています。そのような前傾姿勢でいると重い頭を首肩の
筋肉で支えなけれなりません。

頚には、たくさんの自律神経や血管が入り組んでいますから当然その部
分には強いストレスがかかってきます。

このストレスがすぐ上にある脳に悪い信号を常に送ることになり交感
神経を緊張させ血流が悪くなり頚や肩の筋肉のこりや痛みが現れるのです。

このような自律神経が関与している頚、肩のこりや痛みは、先ほどのめ
まいや不安、ふらつき、倦怠感、不眠などの厄介な症状が持続する特徴
があります。

頚、肩のこり痛みが自律神経症状を引き起こすのか、あるいは自律神経
症状のアンバランスで不快症状が起きるかは環境が大きく左右しますが
いずれにしても頚、肩に違和感やこりを感じた時は、ご自分の生活やお
仕事を見つめ直すことが大切です。

自律神経失調症の初期症状に多くみられるのが頚や肩のこりや痛みです。

 

 

一成堂きさらづ鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典