鍼灸・美容鍼灸なら東京都世田谷区若林の鍼灸院|一成堂整骨鍼灸院

しんきゅうselection東京不妊治療13選 2019年 上半期

しんきゅうコンパスSelection
東京の不妊鍼灸サロン13選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 不妊、婦人科の悩み、パニック障害なら当院へ

投稿コラム

一覧に戻る

自律神経と栄養

投稿日:2019/03/05

春が近ずくにつれ心の悩みをを抱える方が増加していきます。これは、温度差や気圧の変化に加え就職、転勤、転居などに自律神経がバランスを崩すからです。慢性的な自律神経の不調を持っている方は「また、いやな季節としばらく付き合わないとならない」と憂鬱になるわけです。

自律神経の中の交感神経が常に緊張状態にあると頭痛や動悸、不眠、不安、疲労感などの症状が現れてきますが症状が進行すると不安症やうつ症状を引き起こす原因にもなります。

このような不快症状を常にまた毎年繰り返すことは精神衛生上良くはありません。

まず大事なことは、自分の体の状態を常日ごろから観察しておくことです。その点から栄養は重要なカギを握ります。病院で血液検査をするといろいろな値がでてきますが例えば総蛋白が高くても低くても体はだるくなります。また、ヘモグロビンの値が低ければ女性に多い貧血症状が出てきます。

ところが、若い頃は免疫力や代謝も盛んで体温も高めにあることから、これくらいなら大丈夫と考え、暴飲暴食を続けていれば体は必ずオーバーヒートしてきます。

お仕事上のオーバーワークによるストレスや元からある性格的なものは自律神経の乱れを最もおこしやすくなりますが、体の中でおきているオーバーヒート状態の持続は自律神経の乱れやうつ症状の引き金になっていくのです。

お薬で精神的な不快症状を改善はできますが、お薬での不快症状を改善率は約50%から60%といわれています。それも服用後のお薬の効果がなくなれば持続的にお薬を服用しなければなりません。

残りの40%の不快症状は栄養バランスや呼吸法、睡眠の質、運動などを組み合わせて少しずつ改善していかなければならないわけです。

とくに精神的な症状には蛋白質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が大きく関与しています。蛋白質は体を作る基本、ビタミンは細胞膜の強化、ミネラルは代謝や血流に関係しています。

体の中でしっかりとした栄養摂取ができることで不快な精神的な症状のひとつのリスクを軽減することができるのです。

 

一成堂整骨鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典