鍼灸・美容鍼灸なら東京都中央区銀座の鍼灸院|東銀座整骨院・整体院・鍼灸院

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 清潔な空間で丁寧な問診。治療家全員が国家資格者です

投稿コラム

一覧に戻る

蚊の話し

投稿日:2017/06/10

暑くなってくると悩まされる「蚊」。
感染症の原因となるのも問題ですが、
なんと言っても刺された後の耐え難いかゆみが本当に嫌ですよね。
蚊に刺されて痒くなるのは、
蚊の出した唾液が人の体内に入り
その部分がアレルギー反応を起こすためです。

 

今回はそんな蚊についてのお話です。

 

蚊は人の血だけを吸って生きているわけではありません。
蚊が通常主食としているものは、花の蜜や草の汁です。
メスだけが産卵のための栄養源として人の血を吸うそうです。

 

蚊は人や動物の出す炭酸ガスや体温・汗の匂いをかぎつけます。
ですからお酒を飲んだ後などは体温の上昇と共に
二酸化炭素の排出も盛んになる為蚊が近寄りやすくなります。

 

大人より子供が刺されやすいのは子供は大人より体温が高いためです。
この習性を応用して、就寝時に耳元で蚊の〝ぷ~ん″と飛ぶ音を聞いたら
テレビをつけると蚊がテレビの熱を感じそちらに近寄っていくとの話もあります。

 

また黒い服を着ている人に寄ってくる傾向もあるそうです。

 

長袖、長ズボンを着用するなど服装に気を配ることで防御できますが
ストッキングなどは効果がないようですし、
逆に出ているところ(顔や手)に集中攻撃されることもあります。

 

ならばどうすればいいのか・・・

 

市販の虫よけグッズも効果的です。

 

蚊の飛行能力は時速2.4キロメートルとかなり低いので
扇風機で風を起こせば蚊は寄り付けないようです。

 

しかし最も大切なのはまずは蚊を発生させないことです。

 

蚊は水たまりから発生します。
発生源である不要な水たまりをなくすことが対策の基本です。

 

古いバケツなど水の溜まった容器・ポイ捨てされた空き缶や空き瓶、
植木鉢の受け皿・古タイヤ・雨除けシートの窪みに溜まった水・側溝や雨どいの詰まり・・・
このようなところからも蚊は発生しています。

 

他にも沢山の対策があるようですが、
まずは蚊を寄せ付けない環境づくりからはじめてみては如何でしょうか。

 

また機会がありましたら蚊に刺された時の対処法などお話ししたいと思います。

 

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院
あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師:光岡真治
http://higasiginza.net/
 

 

 

 

東銀座整骨院・整体院・鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典