鍼灸・美容鍼灸なら大阪府大阪市都島区都島本通の鍼灸院|宇都宮鍼灸良導絡院

しんきゅうselection大阪不妊治療10選 2018年

しんきゅうコンパスSelection
大阪の不妊鍼灸サロン10選
に選ばれました!
詳しくはこちら
  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 豊富な経験と知識で高齢の方の妊活を応援します!

投稿コラム

一覧に戻る

便秘と不妊は関係している

投稿日:2018/03/10

便秘とは毎日排便はあるが残便感がある状態、または、3日以上排便がない状態をいいます。

便秘の原因として考えられるのは

①ストレス ②内臓の冷え ③食のバランスが悪い、または食生活の乱れ などが考えられます。

便秘を改善するためには

・水分をとる

水分が不足することで便が硬くなってしまったり、乾燥した便になってしまいます。

・食物繊維をとる

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、善玉菌を増やしてくれる働きがあります。

不溶性食物繊維は水に溶けず腸内で水分を吸収して膨らみ便の量を増やします。

 よって、蠕動運動が活発になり排便を促します。下痢になりやすい方におすすめです。

 

水溶性食物繊維はバナナやブドウなどの果物やオクラやにんじんなどの野菜があります。

不溶性食物繊維は大豆類、いも類、きのこ類などです。

・オリゴ糖をとる

善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖は胃の中で分解されにくいため、そのまま大腸まで運ばれ、腸内にあるビフィズス菌などの有効菌の栄養になります。ビフィズス菌は便秘や下痢を改善してくれます。

にんにくや玉ねぎなどにオリゴ糖が含まれています。

 

便秘になり腸内に老廃物が溜まると悪玉菌が住みやすくなります。

悪玉菌が増えると毒素が腸壁通って血液にいき、毒素の血液が巡ってしまいます。

骨盤の中に子宮や卵巣などの妊娠するために大切な臓器が収まっています。

毒素の血液が骨盤の中も流れるため

不妊と便秘が関係していると考えられます。

 そのほかにも、便秘により腸が子宮や卵巣にいく血管や神経も圧迫し骨盤内の血流が悪くなり不妊に繋がることもあります。

着床するためにも血流は大切になってきます。

ストレスをためない、食生活を見直すなどして

便秘を改善してみてください。

https://utsunomiya-shinkyu.jp/

 

 

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典