鍼灸・美容鍼灸なら福岡県福岡市早良区有田の鍼灸院|はり灸 旭 

  • 注目
  • 頭皮への刺激で、心身両方へアプローチする鍼灸

投稿コラム

一覧に戻る

鍼灸治療は不眠にどの様にアプローチするのか?

投稿日:2016/11/01

不眠は「不得眠」や「不寝」などといわれて、昔からも人々を悩ませていたようです。

東洋においては不眠の原因となるのは西洋と同じく精神ストレス、そのほかには身体ストレスや飲食の乱れがあります。それらの原因が身体のバランスを崩してしまうことで、不眠の症状が出てきたと考えます。

鍼灸治療の流れは、どの原因から不眠の症状が起きているのかを、不眠以外の身体の症状(動悸の有無、膝や腰のだるさ、みぞおち付近の痞え、耳鳴り、など)で調べていきます。そして原因が分かれば、そのことによって崩れた身体のバランスが再度整っていくように鍼灸でアプローチしていきます。この部分が西洋医学の治療と鍼灸治療の違うところかもしれません。当然、鍼灸においては睡眠導入剤などを使用しませんから、眠れないという症状だけに何かするということはありません。ただ代わりに眠れないという主な症状とその他の身体の不調を引き起こしている身体のバランスを整えることで、結果的に症状を軽減、消失させていくことをしていきます。

しかし身体のバランスが整っても、精神ストレスなどを感じる環境自体が変わっていないと駄目なのではないかと思われる方もいるかもしれません。もちろんそのようなストレスを感じなくてよい環境に変えていくのは大切です。でもだからといって鍼灸は無意味とはいえません。

たとえば身体の状態が良い時と悪い時では同じような言葉、行為をされても感じ方が違うのではないでしょうか?

状態が悪ければストレスにたいしての耐性も落ちます。疲労のストレスが続くと免疫力が落ち、カゼを引きやすくなることをイメージしてもらえると分かりやすいのではないでしょうか。つまり身体が整うことで、ストレスを受ける環境が変わらなくても、ストレスにたいしての対応力が増して、身体のバランスが崩れず、身体をさらに良い状態へ持っていけるのではないかと私は思っています。そのため初めて鍼灸を受けて、その日からすぐに眠れるようにはならないかもしれませんが、上記のように身体が整うことで良い睡眠をとれるようになる可能性は大いにあります。

不眠に悩まされている方は、是非とも鍼灸をお試し下さい。

 

なかなか鍼灸へ決心がつかない方もいると思いますので、まずは自宅でおこなってほしい灸治療をご紹介します。

「失眠」・・・カカトの中央部分に位置するその名のとおり不眠に効くツボです。

失眠にドラックストアなどで売っている台座のついた灸を、熱さが感じるまでおこなって下さい。毎日睡眠前に一度(※ヤケドに注意してください)

活動時は交感神経優位、睡眠時は副交感神経優位になりますが、手足など四肢の末端への鍼灸刺激は副交感神経の働きを亢進するともいわれているので、「失眠」への灸刺激は副交感神経優位への移行をスムーズにして入眠しやすくしていると考えることができます。

決めかねている方は、こちらを1カ月間お試しになり、少しでも変化を感じ取れたなら足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

その他、不眠のコラム鍼灸からみた不眠」「眠れないときには足湯でツボ刺激がオススメ!」も御覧下さい。足湯からのツボ刺激の効用について紹介させていただいています。

睡眠についてはコラム「枕が高いと、腰が硬くなる?」(腰痛)

「起床時の疲れ、枕の高さが原因?」(首こり)にも書いてありますので御覧下さい

はり灸 旭 の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典



{lang: "ja"}