鍼灸・美容鍼灸なら神奈川県横浜市港北区日吉本町の鍼灸院|そらのいろ鍼灸院

  • 注目
  • 日吉駅西口より、中央通り徒歩5分

投稿コラム

一覧に戻る

「摂養」という考え方

投稿日:2017/07/10

あなたは、摂養」って言葉、聞いたことはありますか?

 

 

養生とほぼ同義語として使われている言葉ではありますが、養生が個人レベルでの病気の予防や健康促進の意味で使われているのに対して、摂養は人生全体を健康に生きる為の生活習慣を家族や社会全体などの広い単位で改善していきましょうというもの。

 

摂養は、(1)養生、(2)保養、(3)節制の3つを含んだ言葉として使われます。

 

例えばインフルエンザににかかる直接の原因はウイルスかもしれませんが、実際にインフルエンザになる人とならない人がいるのは、遺伝以外にも普段の食事や運動、飲酒や喫煙などの生活習慣が関わってきます。

 

少し極端な例ですが、もしあなたが食生活にも気を使っていて、週に数回ジムに通って運動して健康的な生活をしていても、あなたがジムに行っている間お子さんが家で1人でテレビを観ながらレトルト食品を食べて過ごしていたとしたら、家族単位で見たら本当の意味での健康ではないと言えるかもしれません。

 

逆に、家族を守るためとは言え身体を酷使して働きすぎるのも、健康とは言えません。

家族や会社の為と体に鞭を打って働いて、結果身体を壊して長期休養を余儀なくされてしまったら、結果的に周りに心配をかけてしまう結果になってしまうかもしれません。

 

 

摂養には、あなただけの健康ではなく、あなたの家族や住んでいる地域全体でお互いの健康に配慮した生活をしていきましょう。という意味も込められています。

 

もしかしたら、今あなたが飲んでいる薬は、「口にするもの」「日中の過ごし方」「睡眠の取り方(睡眠前の習慣)」「心へのケアの仕方」次第で、飲まずに済むものなのかもしれません。

 

日本の医療保険は崩壊寸前で、今の1割・3割の状態では誰もが等しく医療を受けられるというシステムを継続していく事が難しくなってきています。

 

高齢化などの影響も大きいとは思いますが、ひとりひとりの健康に対する意識が少し変わるだけで良い方向へ向かっていける気がします。

 

忙しいと言われている現代では、日常的な体のケアをせずに病気になったら医療にかかって治してもらうという考え方が一般的になってしまいましたが、それでは自分の健康を医療機関に丸投げしてしまっているのと同じ事。

 

一人一人が自らの健康管理をする事が社会人としての責任で、健康である事が一番の社会貢献であるという気持ちが大切なのかもしれません。

 

※ちなみに、漢方では病気をすぐに治す薬は「下品(げほん)」と呼ばれ、一番レベルの低い薬として位置付けられます。その分副作用も強いからです。一番レベルの高いのは「上品(じょうほん)」と呼ばれ、強い薬理作用はない代わりに副作用も少なく、「命を養う」作用のある薬と考えられています。「すぐに良く効く薬」というのは、身体にとってはそれだけ負担をかけていると思っても良いかもしれません。

そらのいろ鍼灸院の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸用語辞典