鍼灸・美容鍼灸なら北海道札幌市西区発寒3条4丁目の鍼灸院|はりきゅうアロマのおがわ.

  • クーポン発行店舗
  • 刺さない小児はりで家族の健康をサポート

投稿コラム

一覧に戻る

白樺花粉が飛ぶ前に(続き)

投稿日:2017/03/17

春は鼻炎・花粉症の季節。

北海道では、白樺花粉症に悩まされる人が年々増えています。

白樺花粉が飛び始める前に、鼻炎・花粉症についてまとめてみました。

現代医学的に見た、今のところわかっている鼻炎、花粉症のメカニズムは前回まとめました。

今回は、東洋医学的にみた鼻炎・花粉症のお話です。

 

東洋医学的に見た花粉症とはどのような状態ないのでしょうか?

 

普段私が行っている経絡治療では、

「陽気の発散がうまくいかずに陽明経の経絡の流れが悪くなったことによる症状」

とみます。

花粉は本来悪いものではありません。

それどころか、植物にとっては子孫を残すための必要なもの。

そして、人間はその植物から取れるものの恩恵にあずかることもありますね。

 

大昔の人は、鼻炎・花粉症を「春の気に身体が対応できないことにより起こる」と考えました。

 

原因は冬の不摂生。

冬は陰の季節。行動をセーブし、過労・夜更かしをせず、冷たいもの・生ものを飲食しないように言われています。

冬の寒い日に、アイスや氷入りの飲み物、ビールなどを摂りすぎ、休息が不十分だと、春になっても陽気の発散がうまくいかず、発散しきれない熱が鼻周囲に停滞することで鼻炎となります。

 

秋冬の陰の季節にしっかり収斂し、気血を集めることによって春に陽気を発散するパワーとなります。

しかし、中途半端に収斂していると、発散してきちんと巡ることができず停滞します。

 

これを経絡の流注の流れにそって説明すると…

すべての経絡は手の太陰肺経からはじまります。

肺の経絡でしっかり収斂しながら、手の指先に向かい、収斂して固めたパワーを発散しながら、手の陽明大腸経の経絡に流れます。

手の陽明大腸経は、鼻の脇に来て適度に陽気を発散させながら、足の陽明胃経に流れ込みます。

足の陽明胃経の経絡は体の前を通って足の甲に向かいます。この時も陽気を発散しながら足に向かうので、健康であれば足の甲まで温かいのです。

暖かいものは上に昇り、冷たいものは下へ降りる性質があります。

陽気は身体を動かすエネルギー。しっかり暖かい気血津液をめぐらせることができないために、上に陽気が多く、下に陰気が多い状態になります。

 

下半身を冷やさないようにすることはもちろんのこと、暴飲暴食で胃を弱らせると陽気の発散を妨げることになり、部分的に熱が停滞しやすくなります。

 

春は適度に陽気を巡らせることによって、鼻炎、花粉症の症状を和らげることができます。

・朝日を浴びながら適度な運動をする。(足踏みがおススメ!)

・胃腸を弱らせない暖かくて消化に良い食べ物を食べる。

・こころ穏やかに過ごす。

ということが、重要です。

 

胃腸を健やかに保つことによって、体のエネルギーとなる陽気を作りだし、余分な水分を鼻水にしないで、お小水として排出できるようになります。

 

定期的に鍼灸治療に通われている方が、だんだん鼻づまりが解消していくのは、脈診による経絡治療で体の引き締め力をUPし、胃腸がよく働くようになり、余分な水分をお手洗いでスッキリ排出できるから…なのかもしれません。

 

というわけで、白樺花粉が飛び始めてぐしゅぐしゅ鼻水に悩まされる前に、鍼灸治療をためしてみませんか?

はりきゅうアロマのおがわ.の投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典