鍼灸・美容鍼灸なら岐阜県岐阜市加納堀田町の鍼灸院|浜口鍼灸院・ハマグチ健康センター

  • クーポン発行店舗
  • 注目
  • 自律神経失調、不妊、アトピー、神経痛、関節痛

投稿コラム

一覧に戻る

暑がりの人も「冷え」ている?

投稿日:2017/10/16

だんだんと秋が深まってきて、朝晩だけでなく昼間も気温が上がらない日がでてきましたね。

今回は「冷え」についてお話ししたいと思います。

夏の直射日光にさらされた時や、熱いお湯に入った時に、

体の内部は冷えていても体表面は熱くなります。

そこへ強い冷房に当たり、かき氷や冷たいジュースを飲めば、

身体の中はキンキンに冷え、「気逆」つまり「冷えのぼせ」の状態になります。

熱さや寒さを感じる神経はほとんどが体表面にあるので、実際に身体の中は冷えているのに

体表面のセンサーが暑く感じてしまいます。

暑がりの人の身体の中は実は、下半身が冷えて、

上半身、特に頭が火照って汗をかきやすい状態になっています。

この状態も立派な「冷え」です。

 

足は外気温にさらされて、足の表面から冷えていきます。

足が冷たいと感じる時は外気温に関係なく冷えていくときです。

逆に内部が冷えていて表面が火照っている時には、足は暑いと感じます。

実はこちらの方が冷えは深刻です。

温度センサーがある肌は暑いと感じるので、

こういった人は実際に足が冷えていることに気が付きません。

そして薄着になったり、裸足になったりして、どんどん冷やしてしまうからです。

 

また、低体温も「冷え」に当たります。

平均体温は36.5度とされていますが、35度台の人もいらっしゃるでしょう。

体温が一度下がると代謝が10~20%落ちて、免疫力が30%ダウンします。

これにより様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

自分は「冷え」なんて無縁。

と考えていらっしゃる方も、このコラムにあるような状態に身に覚えがあるなら、

一度生活を見直してみましょう。

浜口鍼灸院・ハマグチ健康センターの投稿コラム一覧に戻る

はじめてご利用の方は、まずは...

無料 無料

鍼灸院の院長先生へ

しんきゅうコンパスは国内最大級の
鍼灸院口コミサイトです。

無料掲載

鍼灸師を目指す人のための資格・学校情報

鍼灸用語辞典